Guardians Of The Galaxy ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ”I am Groot” という3語に込められた深い思いとは・・・ インタビュー訳

IMG_6748.JPG

グルートの声を演じたヴィン・ディーゼル氏の収録裏話。

(収録中、グルートが何を言おうとしていたのかを考えてましたか?)

VD:ああ、しっかりとね。そうする事によってこういう役を成功させる事ができるという証にもなった。
グルートの台詞は3つの単語でしかないけれど、
50ページ位の台本をもらったよ。
左側には “I am Groot.”と書いてあって、右側には彼が本当は何を言おうとしているのかが書かれていたんだ。
大変ではなかったけれど、なかなか難しいものでもあり、楽しいものでもあった。
ジェームズ・ガン監督がこのキャラクターをとても大事に思っていてくれたのがラッキーだったと思う。
そのおかげでグルートに余計に時間をかけて命を吹き込む事ができたからね。

(一回の台詞につき何テイクぐらい撮りましたか?)

VD:たぶん、5~10テイクとって「パーフェクト!」と声がかかって、それから
もう一度だけいいですか?って僕が言って
それから20テイク位とったかな。
僕は他のキャストと違って6カ月撮影に費やさないから
ひとつひとつの台詞にしっかりと感情を込めなくては、と思ったんだ。
グルートが発する一語一語に全身全霊で取り組んだよ。

(深い心の動きがあるキャラクターですよね。)

VD:それこそがこのキャラクターを説明する上で一番楽しいところだと思う。
グルートはとても純粋だよね。たぶん、僕が今まで演じた役の中で一番純粋な心を持っていると思う。
同時にグルートはとても恐ろしく、とても強い力も持っている。

 

おまけ:
ウガチャカ♪をキャストたちと歌おう!

Sing a long with the cast of Guardians of the Galaxy!

広告

Guardians Of The Galaxy ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ”I am Groot” という3語に込められた深い思いとは・・・ インタビュー訳」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中