GotG ロケットが必要だと言う義眼の裏話

IMG_7402.JPG

“I’m gonna need that guy’s eye!”

ジェームズ ガン監督のガーディアンズ オブ ギャラクシーの中でロケットが”あの男の目が必要だ”、と言う義眼の裏話、面白い。
短くしたけれどツイッターの140字にどうしても収まらないのでこちらで。

“何度も小綺麗な義眼のサンプルが届くので、
『違う!最低の義眼が欲しいんだ。どこかの小惑星のボロ小屋の地下で営業するヤブ医者に特価で付けてもらったようなあり得ない義眼を作ってくれ。』
そしてこの史上最悪の義眼が出来上がった。この男には2Dの粗画質のアニメのように見えているはず。 ”

IMG_7400-0.PNG

Source:

義眼一つにしても設定が深い。
それに、そんなヤブ医者に頼まなければならなかったこのラヴェジャーズ隊員、哀愁をさそうではないか。スピンオフが出来そう。

This poor Ravager guy.
Made me wonder what had happened to him and why the hell he had to go to ask a such doctor for a surgery. Deep story like this can be made into a short spin off film.
Love you, Mr. James Gunn. ☺︎

IMG_7401-0.PNG

広告

GotG ロケットが必要だと言う義眼の裏話」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中