エマニュエル ルベツキ撮影 ウィリアム デフォー主演のCM。Bold choices take you where you supposed to be. 

 

Inspiring ad with Willam Defoe. 

Beautifully shot by Emmanuel Lubezki. 

人生とは詰まるところ、選択が作り上げるもの。

間もなく あなたのした選択と、しなかった選択があなた自身を作り上げる。

(本物のデフォーの近くに座る老人のデフォー)

(サーカスの空中ブランコをする団員になっているデフォー)

しかし、どのあなたか?

(カメラは降下し、象のフンを掃除するデフォーが映される)

より良いあなたか

(チェスの大きな試合で勝つデフォー)

より悪いあなたか

(鏡を見るスキンヘッドのパフォーマーのようなデフォー)

(工場内を歩くデフォー)

あなたとは思えないようなあなたか

(デフォーには見えないような相撲の力士デフォー)

それらは様々な質問をあなた自身になげかける

(カール ラガーフェルドのような風貌でモデルに指示するデフォー)

それだけの力があるか

それだけの裁量があるか


どんな選択もどこかへは通じる

大胆な選択だけが

あなたがいるべき場所に繋がっている。

(停車しているニューヨーク行きとミルウォーキー行きのバス。ニューヨーク行きのバスに向かうデフォー)

****

ルベツキ氏撮影の美しい映像だけでなく、CMの内容も良く、インスパイアリングな作品です。

最近では「きっと、星のせいじゃない。」でなかなかいい味を出していたウィリアム デフォー。

日本で「きっと、星のせいじゃない。」はヒットしたのかな。ティーン向けとはいえ、若い主人公達だけでなく、彼らの親、友人、周りの人々、そしてデフォー演じる作家、それぞれの思いが伝わってくる大人が観てもとても良い作品だったと思います。

デフォーの出演作で私が一番好きなのは ヴィム ヴェンダース監督の「時の翼にのって〜Far Away So Close!」。彼は堕天使エミット フレスティEmit Flesti (Time Itself “時そのもの”を逆さにした名前) 演じています。

  

広告

エマニュエル ルベツキ撮影 ウィリアム デフォー主演のCM。Bold choices take you where you supposed to be. 」への1件のフィードバック

  1. […] エマニュエル ルベツキ撮影 ウィリアム デフォー主演のCM […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中