マッドマックス監督裏話。“Where must we go, we who wander this wasteland, in search of our better selves” 

  
“我々はどこへ向かうべきなのか

この荒廃した地をさまよい

より良い自分を求めながら”

普通なら観なかったかもしれない映画なのですが、かなり評判が良かったのと、ツイッターで見かけた「セッション」のフレッチャー先生とのマッドマックスのドラム隊コラgifが面白くて、興味が湧きまして、「マッドマックス 怒りのデスロード」観てきました。観れて良かったです、本当に。

そのgifがこちらです。(先程埋め込み許可をいただきました)

私、監督の以前の作品を映画館で子供達と観てます。

踊るペンギンのアニメ「ハッピーフィート」です(笑)。

観に行く前にある方から”ハッピーフィートと同じ監督なんだって。すごい振り幅!”、と教えていただき驚いていたのですが、マッドマックスを観ていてなんとなく、うなずけたりもしました。

ジョージ ミラー監督はどちらの作品も監督だけでなく脚本も書いているんですよね。

これらは全く違うような映画にみえて、どちらにも作品全体に流れるクレイジーな空気と社会の”常識”から突出して新たな歴史を築いていく主人公、という同じような設定でもあります。

「マッドマックス 怒りのデスロード」の最後、

“我々はどこへ向かうべきなのか

この荒廃した地をさまよい

より良い自分を求めながら” 

(字幕の訳はよく覚えていないので拙訳です。)

という言葉をエンディングで見た時、単純に楽しめるクレイジーな作品、というだけでなく最後を良いメッセージでまとめているんだなぁ、と感じました。

火を吹くギター

Logical reason for the Doof Warrior to have the flame shooting guitar. 

いくつか見たそんなインタビューの中でドゥーフウォーリアーのギターについて話しているものがあり、なかなか興味深いものでしたので、ここにメモを残しておきます。

  

ジョージ ミラー監督: 登場する全てのものが何かを再利用して作られた物になっている。

火炎放射ギターも同じで、病院のベッドで使う簡易トイレ(訳注: “bedpan” 平たいおまるのようなもの) を使って作られてる。

荒廃した地だからといって人間が愛着を持って、本質的に美しいもの作りあげる事には変わりない。アフリカの奥地の民族が何かとても美しいものを作るのと同じようにね。

記事抜粋: なぜギターが火を吹くか、全てに理由がある。

ミラー監督: ギターは病院の簡易トイレを利用して作られたもの。登場するものは誰がそれを拾ってもそれが地上に残された何を利用してできているかがわかるようにした。

ギターが火を吹くのはこれが彼の武器、火炎放射器ともなるためだ。

There is a logical reason that one of the bad guys has a flame-shooting guitar.What better to motivate Fury Road’s villainous army than a “rock rig” of musicians who ride alongside them and play decibel-shattering, adrenaline-pumping anthems? The back of the rig is occupied by four drummers, and the front is dominated by a guitarist — nicknamed the Doof Warrior — whose every heavy-metal lick is punctuated by flames shooting out of the top of his guitar neck. The only occasionally seen character is destined to be a fan favorite (and is already burning up Twitter), but Miller says he took a pretty grounded approach to conceiving that weapon of aural destruction: “You had to have something very loud [to compete with the noise of the battle], so he has this guitar — which is made from a hospital bedpan and a double-neck guitar — and he’s got to have a weapon, so it becomes a flame thrower. It all hopefully has some sort of logic.” And that logic applied to everything you’ll see onscreen, from the biggest vehicles to the tiniest props. “It got to a point where if I picked up a prop, the person who made that prop or the performer working with that prop had to tell me its backstory,” Miller said.

Source: The daily Beast 
イラストを送り続けたファンが共同脚本家に

Brendan MacCarthy , a fan who used to send his drawings to George Miller for many years became a co-writer of Mad Max Fury Road. 

  

こちらのインタビュー対談では脚本をミラー監督と共に、またストーリーボード(絵コンテ)も手掛けたブレンダン マッカーシー氏についてのお話しがとても興味深かったです。

中盤と後半で2度ほどマッカーシー氏について話されています。

監督によると「マッドマックス 怒りのデスロード」では脚本よりも視覚を重視し、3500枚のストーリーボードを「マッドマックスルーム」という部屋に張り出したそうです。笑

マッカーシー氏は長年マッドマックスのファンで監督に何年もマッドマックス関連のイラストを送り続けていたそうです。「彼は美しい絵を描くんだよね」

それで共同で本作の脚本を書こうと監督が持ちかけたそうです。

「自分は漫画家であって脚本家ではないのです💦」と言うマッカーシー氏に監督は「だからなんだ、私が書けるから。」と言ったそうです。

後半ではブレンダン マッカーシー氏の事を監督は素晴らしいグラフィックアーティスト、と呼んでいます。

「彼は大きな紙の端からみっしり影も光も描き込んでいく。まるでレーザープリンターのようにね。」、と絶賛する監督。

当初からさまざまな問題があり(9.11でドルの大暴落による予算の問題、撮影予定だった雨の降らない場所が大雨で冠水、乾くだろうと1年待てど砂漠にはならずお花畑のようになってしまったなど)、公開にいたるまで何年もかかった話は有名ですが、当初はマッカーシー氏は共同脚本家ではなく別の脚本家がいたそうです。でも彼がマッカーシー氏の事を「ただの漫画家じゃないか」、とバカにした事に対し怒った監督は彼を辞めさせマッカーシー氏を共同脚本家に迎え入れたそうです。

「ブレンダンはまるで僕の肩に乗った悪魔か天使のように常に僕に『がっかりさせないでくれよ』と言ってくるんだ。撮影中もね。先日の完成作を観た彼は『がっかりさせなかったね』と言ってくれたよ。」と監督。

インタビューアーもおっしゃってますがファンの夢が膨らむような出来事ですね。

監督の熱意だけでなく、才能に対する正当な評価も心を打ちます。
こちらの記事にはマッカーシー氏の話がもう少し詳細に載っていました。

マッカーシー: マッドマックス2を初めて映画館で観た時、僕は20歳くらいだった。1回目を観て、外に出てまたチケットを買い、続けて何度も観た。どうやってこんな驚愕の映画を作れたのかを知りたかったんだ。

それ以来、僕は監督に作品についての質問など手紙を送り続けたんだ。そして15年後、忘れられないあの日、オーストラリアではじめて監督に直接会う事ができたんだ。
監督と会えた時にはマッカーシー氏はイラストレーターとなっていてすでにいくつかの映画のストーリーボード(絵コンテ)も手掛けていたそうです。

  

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中