マッカリー監督とトム クルーズ。ミッション:インポッシブル次回作やトムの仕事のスタイル、ベンジーの単独作品のことなど。


Join the IMF! (See the world. On a monitor. In a closet.)

IMFに入ろう!(そして世界を見よう。モニター越しに。せっま〜い場所から。)

↑ 特に本文とは関係がありませんが、この画像を見たらなんだかキャプションがつけたくなりまして…このベンジーの台詞、大好きです。

ミッション:インポッシブル ローグネイションのいろいろなインタビューを訳した記事に引き続き…

質問がカットされている韓国のミッション: インポッシブル/ローグネイションの記者会見の動画ですが、トム クルーズの仕事への情熱などがすごいな、と思い、訳しました。

8:40~

トム クルーズ: 次回作についてだけど、ミッションインポッシブルシリーズや他の新作を発表するたび、次は?と質問される。
僕は必ずまた次の(登るべき)山はある、と信じている。
マキュー(トムが使うマッカリー監督の愛称McQ)と僕は既にいろいろな案を検討中で、今はそれは教えられないけど、
楽しみにしていてね。
本作を製作中にとてもたくさんの新しいアイデアが浮かんできたから、僕も楽しみにしているんだ。

9:50~

マッカリー監督:ミッション:インポッシブルの第1作目から20年が経ち、5作目となる本作は記念すべき作品でもあるので、お祝いのようなこともしたかった。第1作目の要素も本作には隠されているんだよ。

トム:第1作目のミッション:インポッシブルは僕が初めて製作をした映画で、毎作品、キャラクターやストーリーを詰めていくのはとても楽しかった。
スタントに関しては作品を追うごとに自分たちを追い込んできたんだ。
もちろんスタントだから危険が伴ったよ。
幸運なことに、僕は今まで一度も仕事を欠席することもなく、
常に必ず現場には早く来て、細心の注意を払って準備をしている。
35年間映画を作り続けてきて、自分の大好きなことを続けてこれた事を本当にありがたく思っている。
映画を作り、みんなに楽しんでもらうことが僕の夢だからね。

普段は週7日仕事をしている。
たいがいはそのとき撮影している作品のかたわら、次の作品の準備をしている。
長年やってきて、だいぶ上手く自分を調整できるようになってきたよ。
そんな毎日だね。

インポッシブルなミッション? なんだろう。作品を作り始めるときはどれも不可能に思えるよね。
でもこんなに有能な人々と仕事をできて、マッカリーは僕の尊敬する大切な友人であるし。
どんな作品でもアーティストとして、観客のためにどこまでの自分たちをもっていくことができるのか、
このジャンルの作品を観客、そして映画製作者のためにどこまでもっていくことができるかを考えているよ。
実は僕達、ここ5ヶ月間深夜まで仕事をして、1週間半前の土曜2時に終えたところなんだ。
これはインポッシブルなことだったよね。
いや、本当に大変な努力と献身を要する仕事だよ。
けれど苦しいとか犠牲を払っているとは感じないんだ。大好きでやりたい事だからね。

サイモン ペッグがイーサンに言うだろう 「彼なら楽勝さ」、って。
僕もいつも笑っちゃう台詞なのだけど。
同じようにみんなも言うんだ「君とマキューのコンビならできるだろう」ってね。

僕とマキューがいつもクルーたちに言う言葉がある。
みんなものすごいプレッシャーの中で仕事をしているからね・・・
スケジュール的にもそうだし、常に僕達はできることの極限までもっていっているから。
だからこう言うんだ。
”Pressure is a privilege. (期待からの重圧は栄誉だ)” とね。
これは実際に僕が感じていることでもある。

クリス(マッカリー監督)と僕は現在も数作品を進めているところだけど、次のミッションインポッシブルも準備中だよ。かなりエキサイティングな内容になりそうだね。
——-


この動画を見る前、実はサイモン ペッグがベンジーのスピンオフ映画について冗談で語ってた動画があったので、それを思い出し、探していたのですが、見つからず…監督、トム、レベッカ、サイモンの対談だったのは覚えているのですが…

気になる方のために…

タイトルは “Dunn and Dusted” 。

英語で “Done and dusted” 完璧に完了! のような意味の表現があり、それをベンジー ダンの苗字Dunnとかけてます。
動画見つけたら貼り付けておきます。

——

追記 2015/09/25

見つかりました!


10:00〜

司会者: ベンジー単独の作品ができる可能性はありますか?またできるならどんな内容になりますか?

(笑いが止まらない一同にサイモンが「Shush everybody. (静かに、みんな。)」と。シャッシュという言い方が素敵です。よく私の高校のイギリス人の先生もシャッシュと言ってました。

「サイモンへの質問だよ、みんな。サイモン、どうぞ。」 と場を静かにさせるトム。一瞬前まで 「グラスゴー!」とサイモンの真似して叫んでいたくせに面白すぎます。))

サイモン ペッグ: タイトルは『Dunn and Dusted』(訳注:ダン アンド ダステッド= 昨晩上記にメモしたこの英語表現の意味を踏まえ、私的に意訳すると『ベンジーにお任せ』) という僕が売り込んでる作品なんだけど、パラマウント、スカイダンス、バッドロボット各位、誰も僕の電話に気が付かないみたいなんだよね。
もちろんベンジー中心の物語で、ベンジーがとてもホットなエージェントと共に現場に…君じゃないよ、レベッカ。(ふざけて言うサイモンに怒った素振りをするレベッカ。)

だって君は元々いるから、君もいるよ。わかった、君も入れるよ。(“あ〜恐ろしっ”という表情をするサイモン。笑)

いや、なんというか…

トム: 続けて、続けて!

サイモン: わかった。

この映画はチームについての話で…ゴースト プロトコルでは一匹狼だったイーサンがチームの重要性に気がついたけど、この作品はもっと新旧メンバーが家族のようなチームになる話で… もちろんベンジー単独の映画ができたら最高に面白くて楽しいと思うよ。

2018年に公開出来たらいいね。トム、君も参加してくれるといいよ。誰かに役をやらせておいて1番最後にマスクを取ると君だった、っていう事もできる。半日の撮影でいい。出演料はたっぷり払うよ。僕の出演料全部あげるから。すごく楽しいと思うよ、考えてみてくれ。

トム: 本当に楽しいからね。考える。考えるよ。みんな最高だよ。僕はこんなに優秀な人々と仕事ができて本当に恵まれていると思ってる。

サイモン: 続けて、続けて。

トム: (マイクを口元に近ずけ) アメイジングでこんなにインクレディブルな才能を持った人々と…
17:00 〜

司会者: ベンジーのテクノロジーを実際に持っていたら初めに何をしますか?
サイモン: トム クルーズのお面をつくる。

(一同爆笑。頭を抱えて笑うトム)

マッカリー監督: じゃあ2番目にする事は何をするんだい?

(一同爆笑)

トム: (笑いながら) そうだよ、2番目に何をするんだい。

(笑いが止まらない一同)

サイモン: 素っ裸でロンドンの中心地を歩くよ。

18:10〜

サイモン: 君は僕達がスタントをする時、とても心配するよね。

トム: ああ。心配でいられないんだ。

レベッカ: 本当に変よね。飛行機にしがみついてる時にすら、他のみんなが無事か確認してたり。

トム: みんなが無事かどうかが心配でね。

監督: セットを離れる事がない君がセットを離れた事があったね。ベンジーがやられてるシーン。振り向いたら君はいなくなっていたんだ。

トム: 僕は、穏やかに頼むよ…と思いながら、本当にやり過ぎだったよ、あれは。君がおもいっきり壁に投げつけられて、僕は大丈夫なのか心配だっんだ。

司会者: 実際はどうだったのですか?

サイモン: 楽しかったよ。でも僕は顔を殴られもしたよね。

監督: ああ、顔を殴られたよ。

ベンジーでありサイモンだからね。

僕達はトムがセットの壁に投げつけられてられたりするのは見慣れてるのだけど、突然ベンジーが投げつけられてたりするのを見ると、こんなことしなければよかった、とすら思うから。

周りのみんなもあの瞬間は不安でおののいたよ。サイモンは笑いながら起き上がったけれどね。
——–

本当に仲良しで最高なメンバーですね。
IMAXでミッション:インポッシブルが10月に限定公開になるそうですね。

成田の国内最大級のIMAXシアターに観に行きたいです! 成田は遠いのでアベンジャーズ(1作目)以来になりますが、あのスクリーンの大きさは普通のIMAXとは全く違うものですね。😎✨

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中