サイモン・ペッグと娘さんとレイア姫

  

Photo source

エンパイア誌にペグさんが寄稿したエッセイ。
少しだけ抜粋し、訳しました。

Long time ago, just now


むかしむかし、そしていま。

サイモン・ペッグ

僕が初めて買ったスターウォーズのおもちゃはR2-D2だった。
頭が動く愛らしいドロイド。音もなった。
今、僕は本物のR2-D2に腕を回した自分の5歳の娘の写真を撮っている。

次に娘は素晴らしいチームが陰で遠隔操作する新しいドロイド、BB-8のそばにひざをついた。
完全に魅了され、丸っこい頭をなで、うなずいたり、子犬のように動くBB-8に話しかける娘。
ミレニアムファルコンに向かう予定だった僕は娘に BB-8はお仕事があるから行かせてあげようね、と促す。
娘は「じゃあ、あと1回ハグだけさせて」と言った。
その瞬間僕はこのスターウォーズの世界の新入りが37年前のR2と同じようにすごい現象を巻き起こすであろうと感じた。
あの時僕が、最高の99ペンスの使い方をして買ったR2と同じように。

中略

今、僕はパインウッドスタジオの中に作られたレジスタンスの基地の中を
キャリー・フィッシャーと腕を組み、歩いている。
子供のころ、寝る前にいつも彼女の写真にキスをしていた。
もう一度この(スターウォーズの)世界に戻ることを不思議に思わないか、と聞いた。
彼女は僕の質問に一笑する。
彼女は最高に強くてかっこよくて、ユーモアがある。
僕は彼女をハグし、恥ずかしげもなく彼女にI love youと伝えた。
彼女は僕の手をつかみ、結婚指輪に目をやり、僕を罵り、突き放した。
彼女は今も昔も特別な存在だ。

It was R2-D2, a delicate recreation of the lovable astromech droid, the head of which revolved, making little pinging sounds. Now I’m taking a photo of my five year-old daughter with her arm around the real thing. Later, she’s kneeling by new droid on the block BB-8, as the brilliant team who operate him activate his remote and puppeteer him from around a corner. She is completely beguiled, patting his domed head and talking to him as he nods and wobbles like a puppy. Knowing the next stop is M Stage and the Millennium Falcon interior, I encourage her to let BB-8 go back to work, to which she says, “Just one more hug, dad.” In this moment I know this new addition to the Star Wars universe is going to be a phenomenon just as Artoo was 37 years earlier, inspiring me to make him my first purchase and the best 99p I ever spent.

Now I’m strolling around the Resistance base at Pinewood Studios, arm in arm with Carrie Fisher, a woman whose image I used to kiss before bed, talking about how strange it must be being back in the universe. She shrugs it off, but I know she’s playing it down because she’s tough and cool and funny as fuck. I give her a hug and unabashedly tell her that I love her. She grabs my hand, regarding my wedding ring and shoves me off with a profanity. She is as special to me now as she was then. I smile a lot that day. Almost as much as I do the following day as she and I discuss Star Wars-related porn in the make-up trailer.

原文 Source Empire Magazine
おまけ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中