人生の勝負に出る後押し。『マン・アップ!恋のロンドン狂騒曲』

  
『マン・アップ~恋のロンドン狂騒曲』観ました。

ロマンティックコメディは大好きですが、この作品、1番好きなロマコメ、と言える映画かもしれません。

普段は映画のあらすじを書きませんが、冒頭の出会いがホント素敵なのでその部分だけをまず。

34歳独身。4年間彼氏なし。映画が好きでFacebookはやってない。もちろん恋人は欲しいし結婚したら子供も欲しい。でも相手探しが難しいなら、1人でベッドでお酒飲んでポテトチップス食べながら『羊たちの沈黙』を楽しんでる方が楽。姉の励ましとそんな姉の気持ちを立てるためもあり、重い腰をあげて自分の人生に積極的にならなければ、とは思っている主人公のナンシー。

40歳のマーケティングマネージャー。本当は画家になりたい。妻の浮気の末、離婚の手続きを迫られている。繊細でそんな現実を受け入れられないながらも、前に進んでいかなければ、とがんばっている、ペグさん言うところの「傷ついた兵士のような」ジャック

友人の紹介で会ったことのない24歳のロンドンのビジネス街シティで働くジェシカと会うことになったジャックはある出来事のせいでナンシーをジェシカだと勘違いをして、声をかけてしまいます。

ナンシーが人違いだ、と言おうとしている中、しゃべり続けるジャックが使った『羊たちの沈黙』からの台詞「交換条件だよ、クラリス」。前日に部屋で『羊たちの沈黙』を観ながら彼女が暗唱してた台詞です。

その瞬間、ナンシーに ”この人が運命の人なのかもなのかもしれない” という表情が表れます。

ここがとてもいいんですよね。

だって、映画好きというかオタクのように映画が大好きな私達(これを読んでくださってるみなさんの事ですよ 🙂 )には好きな映画の台詞を引用する男性が現れた(しかもサイモン・ペッグ)ナンシーの気持ちが痛いほどわかるじゃないですか。

 

そのあとのお話は映画をご覧になってのお楽しみですが、ペグさんが「すごく楽しい心の変化を扱った映画。この映画を観終わった時、笑顔じゃなかったら、ちょっと問題ありなんじゃないかな」とおっしゃる映画ですので、ニコニコの笑顔をもたらしてくれること請け合いです。:D

ネタバレにならないちょっとした台詞の実際の楽しい意味をメモに残しておきます。

これからご覧になるかたも読んでおけばさらに楽しめると思います。

すでに御覧になられた方は補足として。

*バービー人形のくだり

ナンシー:バービーはビーチ用バギーも馬もサロンも持ってるわ。

姉:彼氏もね。

ナンシー:まだあの男と付き合ってるのかしら、彼女。あんな作り笑いの男なのに。

ショーン:(字幕)今も同じシャンプー?

(英語)今もパンテーンPRO-Vを使ってるんだね。

ショーン:(字幕)座標も把握している。

(英語)google mapの座標も完璧に知ってる。

 

 

ナンシーが自分の手帳に書いていたスローガンもメモしたので、

Mantras

→Put yourself out there (冒険する)

→Take chances (勝負する)

→Get stronger Thighs (脚をきたえる)

→Be more devient (自由人になる)

→Learn French(フランス語を勉強する)

→COOK MORE(料理をする)

→Understand Israel / Palestine issues(中東問題を理解する)

→Engage with life (もっと人生を楽しむ)

 

素敵な台詞もいっぱいの作品です。

—-

—- 

ここからペグさんの撮影裏話とショーンを演じたロリー・キニアさんのお話をご紹介します。

まずは007シリーズのタナーさんでお馴染みキニアさん。

ショーンという役柄に関しても驚きの深い考察をされていて、思わず目がウルウルしてしまいました。

このインタビューを見たら、ショーンへの見方が変わります。

ネタバレもあるので、御覧になる予定の方、ネタバレを避けたい方はご注意願います。

 

 

—-

ロリー・キニア:「『マン・アップ』は人生の勝負に出る事についての映画だね。

望んでいるものがあって、どうやったらそれを手に入れられるかがわからないもの。

それを手に入れるためには怖いけれど、今の自分の快適な普段の世界を捨てて、飛び出さなければいけないという話なんだ。

”もしかしたらこの人は自分の人生を180度変えてくれる人なのかもしれない”、と言える勇気を持つこととかね。

中略

監督は僕に、思いっきりやっちゃっていいと言ってくれたので僕もそのように演技をしたよ。でもやりすぎな時はちゃんと止めてくれた。

ショーンがナンシーに”お願い”をする場面では、わざと気持ち悪く演技しないようにした。

彼への共感を持ってもらえるように、と。

それから彼の純粋さも表したかった。

15歳の不器用なティーンエイジャーから成長できずにいる彼をね。

ショーンは学校の就職相談員にボーリング場で働く事を予想され、

彼は今、実際にボーリング場で働いていることを嬉しく思い、楽しんでいるんだ。

9、10年働いている一番勤務年数の長いスタッフなんだろうと思う。

マネージャーにはなれなかったけれど、別に彼はそんな責任重大な役職は望んではいないから平気でね。

友達はボーリング場の仲間で、それが彼の世界。

仲間はそんなにたくさん飲みに行こうとか彼を誘わないだろうけど、仕事も忙しいからそれも平気。

そんな子供の心のまま成長できず大人になったような彼の前にずっと思い続けていた夢の女性が現れるんだ。

自分が結婚し、子供を持ち、共に暮らす相手として想像し続けてきた女性。

お互いに恋に落ち、初めての経験をしたと想像してきた女性がね。

中略

僕のシーンはほとんどがレイクとサイモンと一緒のシーンだった。

かわいそうにレイクはほぼ4日間、パンツ一丁の僕と撮影をしたんだ。

彼女はとてもプロフェッショナルに、”英国流”とも言えるストイックさをもって演技をしてくれたよ。

コミカルな演技もできる彼女と楽しく和やかに演技をし、やりすぎた時は監督に「脚本を覚えようか」、と注意されたり、で、ちゃんと脚本通りやったあとはまたちょっとコミカルに演技したりしたんだ。

監督は自分の求めている事ははっきりしていながら、とても柔軟で新しいこと試すのも好きだったので、僕らがいろいろな幅の演技をしても、最高の組み合せを作品全体に彼が選んでくれるのはわかっていたよ。

次にペグさんの撮影裏話。

(この作品を作って学んだことは?) 

使われている駅は貸し切る事ができないから、人の少ない土日の深夜にエキストラを連れて撮影しなければならない事かな。 

ミッションインポッシブルではそんな事しなかったからね。本物の駅は使わず、駅のセットを作ったんだ。マン アップではそんな予算はなかったから、ウォータールー駅で撮影するしかかなったんだ。

  
 他にはサウスバンクのスケートボーダー達は言葉でお願いしても静かにはしてくれないから、ビールを賄賂に静かにしてもらう、って事を学んだよ。

僕も今もだけど、昔もスケーターだったら彼らに対し親近感はあった。彼らがオーリーとかの技でスケボーをガンガン打ちつける音は撮影の邪魔になっていても、心では彼らを応援してたよ。撮影なんか気にしないでガンガンいけ、とね。注意する側の”大人”でいたのは嫌だったね。

  

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中