もらい泣き。スタン・ワウリンカのスピーチ at Indian Wells 2017

心温まるスピーチだったので訳しました。

スタン・ワウリンカ:(言葉に詰まりながら)ごめんなさい。10日間を終え、とても疲れてしまいました。

ロジャーにおめでとうと言いたいです、、、笑ってるけど。嫌なヤツだな(笑)、まあいいさ。


(フェデラーも観客も笑う)

 

厳しい状況で僕は何度か悔しい負け方をしたけど、全豪の決勝で戦っているあなたを見ていた僕はいまだにあなたの大ファンでした。

だから、本当に復帰おめでとう、そして今日の優勝におめでとう。

あなたのチーム、家族、何年もあなたを支えてきた人たちにもおめでとう。

テニスを愛する人は誰でもあなたを見たいと思ってます。

このようなレベルでプレーするあなたを見れるのは嬉しい事で、これからも何年も続くことを願っています。

(フェデラー涙ぐむ)

 

僕の友人、チーム、ここに今いないメンバーにも感謝します。

大変なことも多い中、年間を通しサポートをしてくれてありがとう。

本当にみんなに助けられています。本当にありがとう。

 

大丈夫。ここで2017年の決勝に進出できたことだけでも嬉しいことだから。僕は大丈夫。

(ワウリンカ、舌を出してはにかむ)

 

トーナメント期間中、みなさんも感じられたようにファンの方々も素晴らしかったです。

BNPパリバ、このような大会を実現させてくれたラリー エリソン、今年初めてトーナメントディレクターになったトミーにもおめでとう。今後も期待してます。本当にありがとう。

 

それから、もちろん今日、そしてこの2週間、観戦に来てくれたファンのみなさん本当にありがとう。

タフな試合もありましたが、決勝まで来ることもできたし、素晴らしいトーナメントとなりました。また来年もみなさんにお会いできることを願ってます。

***

このシーンの解説でテニスTVの解説者らは

「スタンは繊細な男ですね。よき友人との対戦、大きな意味があったのでしょう。」

 

「本当ですね。僕たちは彼らがコートでおしゃべりする姿などをよく目にします。人々が見ているのは氷山の一角のようなものです。

彼らがコートに立っているのは10%くらいで、コートの外で起こる他のいろいろなことがあります。時にはコートにまでそれを引きずることもあるでしょう。今日のスタンの涙にはそんな理由があったのでは、と思います。長年のいろいろな感情も押し寄せてきたのでしょう。」

 

とも言っていました。

 

<<おまけ>>

 

試合後のプレスカンファレンスの中から少しピックアップ。

Q:35歳であのレベルの試合ができるフェデラーを苛立たしく思ったりしませんか?

スタン:ノー。逆だね。あの歳で最高のプレーができるという事から学べるよ。特に数日で32歳になる僕にとってはね。彼に負けるのは辛い事だけど、彼は最高のプレイヤーだから僕らはみんな彼に負けることにも慣れている。僕は彼に勝った事も何度かある。彼と戦う上でどう自分を改善することができるか考えるだけさ。

 

Q:何度かフェデラーと対戦したことがありますが、2017年のフェデラーの以前との違いを教えてください。

 

スタン:僕は比べないんだ。現在を見る。僕も現在の僕を見てもらいたいし。もちろん、いろいろな面で彼も僕も進歩はしてるけれど、サーフェスやボール、ラケットも改良されて試合の質自体も変わっているからね。

 

Q:ニューボールに入れ替わる前にラケットを交換しましたが、何を求めていたのでしょうか?

 

スタン:特に何も。ラケットが少し摩耗してきたから新しいストリングのものに交換したまで。

 

あと、今話題のThe One Handed Backhand Boys (片手バックハンド・ボーイズ)に関してのツイートを貼っておきます。

まずはお世辞にも上手と言えない全豪オープンの時のボーイズ。

そして2か月後、進化したボーイズ。

スタジオで収録するという気合の入れよう。どうりできれいなハーモニーが出来上がっているわけです。

 

 

広告

レオ様のオスカー受賞スピーチ

  

 

http://www.hollywoodreporter.com/news/2016-oscars-best-actor-won-869238

レオナルド・ディカプリオ: これだけは言わせていただきたいと思います。

「レヴェナント」は人間と自然との関係についての映画でした。

それはまさに2015年私たちが経験した史上最高の暑さを記録した世界です。

私たちは本作の撮影を続行するために地球の南端まで雪を求めて移動しなければなりませんでした。

気候変動は現実で、今まさに起こっていることなのです。

それは私たちすべての種が直面している一刻を要する危機であり、

皆が解決するために力を合わせ、ぐずぐずと先延ばしにすることをやめなければいけない事なのです。

私たちは環境破壊を進める大企業をサポートする政治家たちではなく、

すべての人々のため、

世界中の先住民たち、

そして気候変動の一番の打撃を受ける何億人もの、

何億人もの社会的、経済的に恵まれない人々のために活動する政治家をサポートしていかなければなりません。

私たちの子供たちの子供たちのため、

利権政治によって声をかき消されてしまった人々のために。

今夜この素晴らしい賞をくださった皆さんに感謝します。

どうか、この地球が当たり前にあるものだと思わないでください。

私も今夜の出来事を当たり前だと思わないように。

どうもありがとうございました。

 

_____

素晴らしいスピーチですね。

レヴェナントでは私の敬愛してやまないイニャリトゥ監督とルベツキ撮影監督が昨年に続き監督賞、撮影賞を受賞。うれしい限りです。

「タイタニック」や「ロミオ+ジュリエット」の頃のディカプリオは好きではありませんでしたので、”レオ様”と呼んだことはなかった私ですが、「華麗なるギャツビー」以降はレオ様と呼びたいと思えるようになりました。レオ様受賞、本当におめでとうございました。

 

ハビエルが神父役を務める映画To The Wonderナレーション

ハビエル・バルデムが神父役を務める映画、“To TheWonder”(トゥー・ザ・ワンダー)のトレーラー。

淡々と読み上げられるハビエルの美しいナレーション。

なんと言っているか気になっている方がいらっしゃいましたら。

ハビエルのナレーション訳。

あなたが望もうとも望まないとも、
あなたは人を愛するでしょう。
感情-それらは雲のように現れ消えていく。
愛は感情だけではない。
あなたは人を愛するでしょう。
愛とは失敗のリスクを冒すこと。

裏切られるリスクを冒すこと。
あなたはあなたの愛が終わってしまったと恐れるかもしれない。
それはただ、それ以上の崇高な存在に変貌を遂げるのを待っているのだけかもしれない。
自分の中にある神の存在を目覚めさせなさい。
永遠に変わらぬ愛でお互いを知り合いなさい。

@_pepper_potts

早く観たいですね。

ハビたん、受賞おめでとう!

【ツイートしたもののまとめ。主にスカイフォール関連。】

リンクも一緒についてくるのでツイート自体を埋め込みます。

上のツイートはBAFTA(英国アカデミー賞)公式さんが授賞式に先駆け

tumblrにupされていた”ヒーローとヴィラン”のgifに

「シルヴァを忘れてますよ、あぅぅ」、ってリプしたら、

BAFTAから「では、ボンドはスーパーヒーローになりますか?」ってリプいただいたものです。^^

私からはさらに”女王陛下の007は英国の誇るスーパーヒーローではないですか?”ってリプさせていただきました。

スカイフォールのボンドとイヴの気になる関係。

いかにもダニエル・クレイグらしい発言。

ツイッター上で流行っていたので、ハビエルのものも。

ちなみに・・・

レ・ミゼラブルでジャベールを演じたラッセル・クロウさんのお言葉。

印象深いです。

マッツ ミケルセン カンヌ授賞式スピーチほぼ全文訳。

マッツ ミケルセン カンヌ授賞式スピーチほぼ全文訳。


プレゼンター コン・リーが受賞者を紹介するにあたり、「受賞者は5分の出演のために10時間片隅で待っている事のできる方です」と紹介。
マッツ ミケルセン:

「すみません、僕はフランス語、話せません。フランス語を私が話せるのは酔っぱらってる時だけです。

審査員のみなさん、ありがとうございました。とても驚きですし感激です。

でも、僕はこの賞をノミネートされた作品に関わった方々だけでなく、今年(全ての)映画制作に関わった方達全員とシェアしたいと思います。

なぜなら私たちはみな自分の信念を持って映画を制作しているけれど、必ずしも成功するとは限らない。でも、そうやって自分の信じる事に信念を持ち続けている事に対してみなさんとこの賞を分かち合いたいと思います。

そして妻と子供達と、この作品にかかわった全ての方々(少しだけ指で触れた位の方も含めw)と。

そして、80%はいや、82%くらいは(the Hunt監督の)トーマス ヴィンターバーグへの賞でしょう。

あなたの協調と愛と恐れと世界に連れて行ってくれて本当にありがとう。あと僕は妻と子供達を挙げたかな?再度、感謝の言葉を。」

部分的に訳しただけのものを数日前ツイッターにupし、一部分であることが気になっていたので、ほぼミケルセンさんのスピーチ全文をupします。The Huntという作品、コン・リーさん、ミケルセンさんに関する知識はないので、詳しい方には違う意味にとれる箇所もあるかもしれません。pepper解釈ということで、すみません。

2012.5.30ツイッター上での投稿