ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス。ドラックスのためにも字幕に関して2点だけ。


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』観てきました。

家族や仲間の愛あふれる内容で前作も大好きだった前作。さすが、ジェームズ・ガン監督は期待を裏切りません。ラスト3分の1は泣きっぱなしでした。

 

(ネタバレになる可能性もありますので、ここから先はご覧になられてから。)

 

 

 

私は小学生の頃、夕方5時台だったのかな、毎日ナイトライダーやワンダーウーマンのテレビシリーズが放送されていて、毎日楽しみに見てたのを覚えています。小学生のころからちょっとレトロな海外ドラマが当たり前に身近にあって誰でも見ることができていた当時ってなんだか恵まれた環境ですね。

 

GotG vol.2、ネタバレを避けてほとんど情報を入れずに映画館に行ったので、ナイトライダーネタが頻繁にでてきたのはとてもうれしい驚きでした。

 

字幕に関してはほとんど何も言うことはないですが、

2点だけ。

 

1点目はナイトライダーネタに関して。

字幕では ”ヨンドゥは車の運転はできなかったが…” のところ。

英語では ”Yondu didn’t have a talking car, but …”

と言っていて、つまり、“ヨンドゥはしゃべる車は持っていなかったが…”

なのですよね。

車の運転、と言ってもすぐにナイトライダーのしゃべる人工知能搭載車キットとは繋がらないのでちょっともったいないな、と思いました。

 

2点目はドラックスのマンティスに対しての一言。

マンティス:美しいわ…

ドラックス:ああ。君もね。

みたいな会話の後、

ドラックスの言葉は字幕では “顔は別だが。” となっていたと思います。

でも英語では “On the inside.” と言っていて、“中身がな。”

なのです。

重要な一言がネガティブな観点からなのとポジティブな観点からなのは結構違うと思うので、これもちょっと残念でした。

ドラックスがあまりにもデリカシーがない設定な中、やっと良い観点からマンティスに言えた一言ですから特に。

 

ところでピーター・クイルが父親の写真として持ち歩いていたナイトライダーの主演、デビッド ハッセルホフ。

ご本人が本人役で登場する映画を思い出しました。

『スポンジ・ボブ / スクエアパンツ・ザ・ムービー』。

スポンジボブとパトリックの救世主となる面白い役柄でした。

ナイトライダーを見て育った世代の人々から永遠に愛される夢のような車を持った子供のころのヒーローなのでしょうね。



ところで…前回も活躍していた監督の弟、ショーン ガンさん。本作ではヨンドゥと共に超男前なクラグリンがたくさん観れましたね!😆

前作公開時に投稿した自分でも忘れていた記事もよかったらどうぞ…:

Guardians Of The Galaxy ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ”I am Groot” という3語に込められた深い思いとは・・・ インタビュー訳

スター・ロードのミラノ号拝見。 Visiting Star-Lord’s Spaceship Milano

Chris Pratt and his audition for the role of Star-Lord スター・ロードのオーディション

GotG ロケットが必要だと言う義眼の裏話

リー ペイスの素敵なインタビューいくつか。Some of Lee Pace interviews I like.

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7483.jpg

ガーディアンズ オブ ギャラクシーの様々なインタビューを見ていた時にロナン役のリー ペイス氏のさりげなくとも深い答えに感銘を受けたのはしばらく前のこと。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7484.jpg

それからというもの、たまに見かける画像や動画の”ホビット決戦のゆくえ”のリー ペイス演じるスランドゥイルはとても美しく見えてました。

今まではシリーズ全部観てからでないと内容についていけないだろうな、と思い観ていなかったホビット シリーズなのですが、監督の言葉の後押しもあり、ほとんどホビットの物語について何も知らない状態で、話についていけなくてもいいや、スランドゥイル様を観て来れれば、という気持ちで映画館へ観に行ってきました。
それでも内容は想像していたものよりもぜんぜんわかりやすく、楽しめました。
🙂
鑑賞後はすっかりスランドゥイル様の魅力に魅了されてきました。映画館の帰り道に”ホビット 竜に奪われた王国” を借りてきました。

今日は先日全部貸し出し中だった”ホビット 思いがけない冒険”を借りてきました。
迷路をゴールから進むように楽しんでます。

いくつかリー ペイス氏の動画で気に入ってる部分だけですが、訳してご紹介。
((カッコ))内はインタビュアーの言葉

現代社会にも実在するロナンの正義

まずは、”この役者さん、素敵な考え方を持ってるな”、と思った動画から。
このインタビューがきっかけでリー ペイス氏に興味を持ちました。

“Ronan is at odds with the protagonist of the story, but he’s really just an advocate for the Kree and the Kree’s laws. He’s fighting for the justice of his people, and I find that interesting. I find that you can find those parallels in our world today.…” -Lee Pace on Ronan the Accuser, Guardians of the Galaxy World Premiere

((ロナンの役作りと思い入れについて))

リー ペイス: 彼は60年代に登場して以来変化も見られた。それがとても興味深いと思うよね。彼は複雑なキャラクターだ。
そして、彼は決して悪人というわけではないんだ。もちろん、物語の主人公たちとは敵対する存在だけれども、彼はクリーの人々とクリーの法の擁護者なだけなんだ。彼は自国のために戦っているだけなんだ。そういうのは現代の世界でも実在するわけで。僕は青く塗られた役だからこういう話でシリアスになるつもりはないけれど、ブルーだし、凄い宇宙兵器を使うし…でも、こういう事を頭に置いておくと良いよね。

スランドゥイル様の眉毛の名前


“What are the names of Thranduil’s two eyebrows?”

((重要な事を教えてください。スランドゥイルの眉毛の名前は?))

リー ペイス: 眉毛の名前⁇
君たちに任せるよ…
眉毛の名前?
君たちは自分の眉毛に名前をつけるの?(笑いながら)

((いいえ、でもスランドゥイルは眉毛で有名だし、彼は結構自惚れやですよね。))

あれは僕の自前の眉毛だよぉ…(眉毛を触りながら)

本人に眉毛の名前は?と聞く勇気に笑えましたが、あれば僕の自前の眉毛だよ…と眉を触りながら答えるリー ペイス氏がとてもチャーミング。
🙂

((その素晴らしい眉毛を整える方法は?)) 0:21〜
リーペイス:この辺を下げて、サイドの部分を少し上げる。どう?効いてると思う?

実際にやって見せてるのと、どう?と聞くリー ペイス氏。

今、”ザ フォール 落下の王国”を観てる所です。まだ途中ですが、 観終わりました!とってもかっこいい作品でした!すごく好きです。
“ザ フォール” とはそういう意味でだったのか、と納得。”落下の王国”というサブタイトルを付けたのは良かったですね。
ターセム シン監督作品で、石岡瑛子さんの衣装も素晴らしいです。

おっと、うっかり忘れる所でした。
スターロードが”お前と俺とダンスバトルだ!”
と言った後、”受けてたとう!”と踊り始めるロナンもとてもチャーミングでしたね〜!

GotG ロケットが必要だと言う義眼の裏話

IMG_7402.JPG

“I’m gonna need that guy’s eye!”

ジェームズ ガン監督のガーディアンズ オブ ギャラクシーの中でロケットが”あの男の目が必要だ”、と言う義眼の裏話、面白い。
短くしたけれどツイッターの140字にどうしても収まらないのでこちらで。

“何度も小綺麗な義眼のサンプルが届くので、
『違う!最低の義眼が欲しいんだ。どこかの小惑星のボロ小屋の地下で営業するヤブ医者に特価で付けてもらったようなあり得ない義眼を作ってくれ。』
そしてこの史上最悪の義眼が出来上がった。この男には2Dの粗画質のアニメのように見えているはず。 ”

IMG_7400-0.PNG

Source:

義眼一つにしても設定が深い。
それに、そんなヤブ医者に頼まなければならなかったこのラヴェジャーズ隊員、哀愁をさそうではないか。スピンオフが出来そう。

This poor Ravager guy.
Made me wonder what had happened to him and why the hell he had to go to ask a such doctor for a surgery. Deep story like this can be made into a short spin off film.
Love you, Mr. James Gunn. ☺︎

IMG_7401-0.PNG

Chris Pratt and his audition for the role of Star-Lord スター・ロードのオーディション

IMG_6792.JPG

このインタビューは結構楽しいし、内容も良いものだと思いましたので、気に入った部分を少し訳しました。

5:30~
クリス・プラット: オーディションのために、スター・ロードというキャラクターについて調べたけれど、
いろいろなバージョンがあって、よくわからなかったし、
マーベル特有の秘密主義でオーディションまで脚本もなかったんだ。
それで、オーディションに行った時
「何か質問はありますか?」
と聞かれたから
「質問しかないです。できるだけこのキャラクターについて教えていただけますか?」
と聞いたんだ。
すると「大丈夫。いろんな形があるキャラクターだから。
私たちが探しているのはそのキャラクターに息を吹き込める俳優なんだ。
トニー・スタークだって誰も知らなかった存在だったけれど、今、トニー・スタークと言ったら
ロバート・ダウニーJrを思い浮かべるだろう。
同じようにこの役を宿す事ができる誰かを探している。」
と言われたんだ。
誰もピーター・クイルを演じた事がない、という点でも自分らしいスター・ロードを演じる事ができたんだ。

10:10~
(短期間で体型を大きく変えてますが、どのようにされているのですか?)
クリス・プラット:  あっという間に痩せたように見えるかもしれないけど、そうでもないんだよ。
約7カ月かかってる。
きつかったよ。でも僕はレスリングをやっていた事もあるし、いろんなスポーツもやってきたから・・・
なんというか、運動するのは何も考えなくていい、っていう点で好きなんだよね。
でも、本気で一生懸命がんばったよ。素晴らしい栄養士やトレーナー達のサポートもあって。
おなかがすき不機嫌になったりもしたけど、うまくいったよね。
おかげでちゃんとコミックブックのキャラクターのようになったからね。

ケヴィン・ファイギ: 僕はね、映画スターは魔法のように痩せられるものだ、って人は考えすぎてると思うよね。
ものすごく厳しく制限しているんだ。
撮影開始から2,3日後にちょうどクリスの誕生日があったのだけど、
撮影の合間にスタッフがハッピーバースデーを歌い始めたんだ。
ケーキが登場した、と思ったらHAPPY BIRTHDAYと野菜を並べて描かれていただけだったんだ。
”これが僕たちが俳優達に課していることなのか”、と初めて俳優達を不憫に思ったよ。

 

スター・ロードのミラノ号拝見。 Visiting Star-Lord’s Spaceship Milano

IMG_6777.JPG

スター・ロードことピーター・クイルのスペースシップミラノ号。
船の中を見せてくれる動画がありました。
クリス・プラットのコメントも楽しいのでご紹介します。
かなり理解が深まります。

やあ、みんな。
僕はクリス・プラット。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのセットから
ピーター・クイルの宇宙船ミラノ号の中を案内するよ。

ここは共用スペース。
結構、汚くしてる。

(訳注:”I keep it pretty filty” とクリス・プラットはこの動画で言っていますが、
ガモーラがクイルに言う台詞、”And Quill, your ship is filthy.” (クイル、あなたの船、不潔よ)
と同じfilthyという言葉を使ってます。
filthyという単語は汚い、という意味の他に”汚らわしい”という意味もあります。
映画の中ではよくミラノ号の内部が見れないので
私は映画を観ながら クイルの船は実際に汚いのか、汚らわしいのかどちらの意味なのかな、と思ってました。
こうしてテーブルにゴミが散らかってるのを見ると実は両方の意味なんですね。
そして、映画の中で続けてクイルは「ブラックライトをつけて見ればジャクソン・ポロックの絵画のようだぞ」、と言っていますが
ジャクソン・ポロックの絵画に関して
下記の解説によるとそれは彼の体液が壁に付着し乾いている、という意味だろう、とのことです。笑)

ロケットが”You got issues, Quill.” (お前、問題あるよ。) と言うのもこれでよくわかります。
Gamora complains about Peter’s ship being so filthy and he proudly jokes that she would be surprised just how gross it is, and that if you shined a blacklight on the walls it’d look like a Jackson Pollock painting (meaning bodily fluids are probably dried on the walls) Source:

IMG_6776.JPG

話が逸れました。動画に戻ります。

タッチスクリーンで僕がこういう動作をしてる時はね、
僕はツイッターの通知を見てるつもりでやってるんだ。

ここは魔法が生まれる場所。
これがピーター・クイルのベッド。
昔ながらのカセットデッキがあって

上においで
ここは操縦室。
これが船長のシート。
この辺は全部本物。
ブルースクリーンで合成されてないんだよ。
全部動くんだ。
デザインはレトロ調。
スペースレトロにしてある。

これくらいかな。
操縦室も見せたし、ベッドも見せたし。
さあ、もうさっさと出てけ。

どうでしょう。
楽しいお宅訪問でした。

Guardians Of The Galaxy ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ”I am Groot” という3語に込められた深い思いとは・・・ インタビュー訳

IMG_6748.JPG

グルートの声を演じたヴィン・ディーゼル氏の収録裏話。

(収録中、グルートが何を言おうとしていたのかを考えてましたか?)

VD:ああ、しっかりとね。そうする事によってこういう役を成功させる事ができるという証にもなった。
グルートの台詞は3つの単語でしかないけれど、
50ページ位の台本をもらったよ。
左側には “I am Groot.”と書いてあって、右側には彼が本当は何を言おうとしているのかが書かれていたんだ。
大変ではなかったけれど、なかなか難しいものでもあり、楽しいものでもあった。
ジェームズ・ガン監督がこのキャラクターをとても大事に思っていてくれたのがラッキーだったと思う。
そのおかげでグルートに余計に時間をかけて命を吹き込む事ができたからね。

(一回の台詞につき何テイクぐらい撮りましたか?)

VD:たぶん、5~10テイクとって「パーフェクト!」と声がかかって、それから
もう一度だけいいですか?って僕が言って
それから20テイク位とったかな。
僕は他のキャストと違って6カ月撮影に費やさないから
ひとつひとつの台詞にしっかりと感情を込めなくては、と思ったんだ。
グルートが発する一語一語に全身全霊で取り組んだよ。

(深い心の動きがあるキャラクターですよね。)

VD:それこそがこのキャラクターを説明する上で一番楽しいところだと思う。
グルートはとても純粋だよね。たぶん、僕が今まで演じた役の中で一番純粋な心を持っていると思う。
同時にグルートはとても恐ろしく、とても強い力も持っている。

 

おまけ:
ウガチャカ♪をキャストたちと歌おう!

Sing a long with the cast of Guardians of the Galaxy!