007スペクター字幕になかったオモシロイ英語台詞

   
 本日公開初日。スペクターを観てきました。

 

ストーリーにせまるネタバレにはならないと思いますが、

字幕では文字数などの制限により省略されてしまっていた

オモシロイ台詞がいくつか頭に残っているので、メモに残しておきます。

——-

スカイフォールで壊されちゃったボンドもQもお気に入りだったアストン・マーティンを修理中のQ。まだ車の形だけ。

字幕では「車を無傷で戻して欲しいと言ったのですけど…」のように訳されていたと思います。その後の笑いポイントの字幕はQのジョーク自体と自分のジョークで笑うQにウケていて覚えていないのですが、

Q:車を無傷(in one piece=1つの状態で)で戻して欲しいと言ったのです。

I thought I told you to bring it in one piece.

1つの部品を戻して欲しいと言ったのではなく。

not bring back one piece.

一人でウケるQ。

大丈夫、Qくん。私もウケてたから。

——–

CがMに会議がうまくいかなかったあと、「ローマは一日にして成らず、って言うしな」みたいな台詞。

そのあと、実は続きがあって、

C:「ローマは一日にして成らず、って言うしな…たぶん1日半かかる。」

Rome wasn’t built in a day….may be a day and a half.

Cを演じるアンドリュー・スコット。彼が演じるBBCの「シャーロック」のモリアーティが言ってもおかしくないようなウィットが効いた台詞だと思いました。

——-

Qに向かってボンドが言う台詞。

字幕では「車は川底に沈んでる。」のような表記だったような。

英語では「車は川底に駐車しておいた。」

I parked your car in the bottom of the river.

川の名前とか何か文は修飾されていたような気もしますが、メモをとっていなかったので、あしからず・・・。

——

Qが何人かの名前と共にシルヴァの名前を読み上げる時、字幕では単にシルヴァ「誰々、シルヴァ、誰々…」

英語では「誰々、君の友達シルヴァ、誰々」

Your friend, Silva. と言っていたので、シルヴァファンである私としてはQにグッジョブ!とサムズアップしたい気分でした。:)

 

———

  
にこやかにタナーくんと007のご出勤。
そういえば、少し前にこういう記事も投稿してました。

ダニエル・クレイグからみたジェームズ・ボンド 

———

余談ですが・・・今、ちらっとツイッターを見たら、戸田奈津子さんが字幕翻訳をされていることを批判するツイートを結構見かけました。

私は字幕翻訳を経験したことがないですが、

字幕の文字数の規定などを考えた上で、他の映画の字幕と比べて特に本作の字幕がおかしいと思った箇所はありませんでしたが、みなさん手厳しいですね。

ジョークなどは文字数に入りきれなかったり、細かく訳したら自然な日本語でなくなってしまったりします。それはどんな映画でも結構同じだと思います。

私がこうやって時折、映画の字幕に含まれていなかった部分などのメモを残すのは翻訳された文章に対する批判のためではなく、文字数制限のために含められなかった実際の台詞の意味をシェアしたいという気持ちからです。

字幕に関しては1~2週間程度で1つの映画の字幕を完成させなければならないそうですが、長い時間をかけて念密に作り上げられた映画の脚本をそんな短時間で翻訳者に訳してもらうという映画業界のやり方が問題なのではないかと思います。

そんなに短い時間では物語の中の確認すべき背景や監督の込めた思いなど詳しく調べて字幕に文字数を合わせながら組み込むには足りないと思います。

 

 

BBC 「グレアム・ノートン・ショー スカイフォール スペシャル」

祝 スカイフォール BAFTA8部門ノミネート

BBC 「グレアム・ノートン・ショー スカイフォール スペシャル」 ダニエル・クレイグ、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム おもしろエピソード抜粋訳
(昨晩ツイートしたダニクレとジュディのものに加え、ハビエルのエピソードを追加)

The Graham Norton Show – S12x02 Part 1 – Daniel Craig, Judi Dench, Javier Bardem


《ダニエル・クレイグのオリンピック開会式での女王陛下と共演の時のエピソード》
(4:05~)
グレアム・ノートン:スカイフォール前にあなたを観たのはオリンピックで女王陛下と共演された時ですが、どれくらい前から企画されていたのですか?

ダニエル・クレイグ:結構前で、ダニー・ボイルがセットにいた僕を訪ねてきたんだ。彼は僕を座らせて(開会式で)何をやりたいかを僕に話してくれたんだけど、僕はそこからでてる時(4:25辺り。“何言っちゃってんの?”みたいなジェスチャー)って感じて、オリンピックの話は僕をからかってるのかと思ってたんだ。でも、実現し、次に気付いた時は宮殿にいたんだ。

グレアム:まさかそんな事できるわけない、って思われていたでしょう?

ダニエル:思わなかった、っていうか、僕は宮殿の方からはOKが出てないだろう、と思ってたんだけど、どうやら先に先方からOKをもらった上で、僕にオファーしてくれたらしいんだ。だから選択の余地はなかったよね。

グレアム:あなたが断ったりしてたら面白いですよねwww(会場爆笑)

オリンピック開会式のボンドと女王陛下動画The Queen Sequence – Opening Ceremony – London 2012 Olympic Games

《悪戯っ子たちを語るジュディ・デンチ》
(11:35~)
グレアム:ストーリーにはあまりふれないで、スカイフォールの話をしましょう。なんで観せてもらっちゃったんだろう・・・どうやってるんですか、みなさん何カ月も前から知ってるなんて。僕は観て1週間位がたちますが、死ぬほど大変ですね、ネタバレしない、というのは。
Mが射撃するのを命令するシーンを見てみましょう。

すごくいいですね。今日が初めてですか、このシーンを見るのは?

ジュディ・デンチ:いいえ。先週、ニューヨークで見たわ。

グレアム:実際に撮影している日には見れないわけですよね。

ジュディ:そうね。

グレアム:でも、何がどんな流れで起こっているかは検討がつくのですか?

ジュディ:それはそうよ。脚本を読んでればね。(会場笑)

グレアム:ご自分の責任者として役はお好きですか?

ジュディ:ええ、もちろんよ、とっても。イタズラっこたちに規律を守らせるは大好きよ。(会場、ダニエル 笑)

グラアム:いや、ホントに、イタズラばかりです。
(会場爆笑 ジュディ 笑い崩れる)

《ハビエル・バルデムの撮影初日のエピソード》
(12:48~)
グレアム:ハビエル、このお二人はボンド映画で確立された存在ですから、緊張しましたか?

ハビエル:そうだね。いろいろ彼らに関して恐ろしい事を聞いていたからやりたくなかったんだ。

グレアム:撮影初日らしい瞬間とかありましたか?

ハビエル・バルデム:僕のスカイフォールの最初のシーンはこの2人一緒のシーンで・・・

ダニエル:どのシーン?

ジュディ:(ダニエルにささやく)

ダニエル:ああ、ああ。

グレアム:あんまり細かく説明しちゃだめ!(会場 笑)

ハビエル:しないよ、しないよ。単純に言うと、2人は僕の事を見ていて、それで、僕は台詞を言って、

ダニエル、ジュディ:冷笑しながらね (笑)

ハビエル:2人がじーっと僕を見てて...Mとボンドが僕を見てるんだよね、ガラスの個室にいる僕を。僕は、はっとボンド映画の悪役で、ジェームス・ボンドの映画に出てる、って気が付いたんだ。そうしたら、台詞はすっかり頭から消えてしまってね。サムがそれに気が付いて笑いながら、僕のとこにきて「どうしたんだい?」って聞くから、「今、自分がボンド映画の悪役なんだ、って事に気が付いたんだよ」って答えたんだ。それからもう一度、役に集中し入り込み演じ始まったら、タンタラララーンタタタ タンタラララーンタタタって聞こえてきたんだ。なんだ?って思ってたらジュディの・・・

ダニエル:ジュディの携帯の着信音だったんだ。(会場 爆笑)
ジュディはずっと変えないんだよ。

ハビエル:ジュディは共演しながら音楽も担当してるなんてすごいかっこいいよね。(会場 笑)

訳 translation:@_pepper_potts
気さくで仲の良い雰囲気の3人がとても素敵でほほえましい番組でした。
ダニクレさんの笑いのこらえ方がとてもかわいいw

BAFTAは1月9日、英国アカデミー賞のノミネート作品を発表。『007/スカイフォール』は8部門でノミネート。受賞式は2月10とのことです。

英国作品賞
助演男優賞 ハビエル・バルデム
助演女優賞 ジュディ・デンチ
作曲賞 トーマス・ニューマン
撮影賞 ロジャー・ディーキンス
編集賞 スチュアート・ベアード
美術賞 デニス・ガスナー、アンナ・ピノック
音響賞 スチュワート・ウィルソン, スコット・ミラン、グレッグ・P・ラッセル、パール・ホルベルグ、カレン・ベイカー・ランダース

ハビエルとタイム.com読者からの質問

タイム.com読者からの質問に答えるハビエル・バルデム

”脚本を読んで、その作品が直感的にピンとくるものであったなら、やる価値があると思う。
体は嘘をつかない。”
TIME Interviews Javier Bardem

Q(インタビュアー):いつか演技を極限まで極めると思いますか?

J(ハビエル):18歳の時から演技学校に通い始めて、39歳(訳注:現在43歳)になった今も、毎年行っているんだ。
いくつかある演技学校へ行く理由の一つは、演技をする場所を求めて、という事なんだ。
何故かと言うと、演技をする機会が無い事もあるからね。
自分が若く役者になろうとしていた頃、どんなだったか、という事をしっかりと確認する必要があるんだ。
俳優、というのは簡単な選択肢ではないんだ。
俳優はいつもどこかしらで演技の仕事をしている、と思われがちだが、そんな事はなくて、それは世界中の役者達の1%の人達でしかないんだ。ほとんどは仕事がないというハードな職業だよ。
俳優業を職業として選択をする人は演技をする事が大好きで、どうしてもしたい、という人達なんだ。僕は役者という仕事で食べていけているからラッキーだよ。

Q:どのようにそれぞれの作品での違った演技になるようにしていますか?

J:脚本を読んで、その作品が直感的にピンとくるものであったなら、やる価値があると思う。
体は嘘をつかない。
役者や何かクリエイティヴな職業の人は直感にもっと頼るべきなんだ。
僕が演じる時はそれをやらなければならない、という思いに駆られている時なんだ。
自分の体が感じた直感をしんじるからね。
終わってからは、もう完全に終わりで、もう見たくもないんだ。
それが芝居をすることの素晴らしい所じゃないかな。
その瞬間、瞬間に起こっている事。
それで、例えば映画館で見る時、ちょっと変な感じがするんだよね。
たいがい観ていると自分のやろうとしていた演技ではなくて、その瞬間、そうなった演技なんだ。
何か自然にそうなった演技で自分でも驚くんだ。そして、自分ではその演技が良いのか悪いのかはわからないんだ。それは観客が判断してくれるよね。

Q:ご自分の声をユニークな声だと思われますか?

J:わお。ありがとう。まあ、この質問をくれた人がどういう意味でユニークという言葉を使ったかわからないけどね。独特の嫌な声なのか、独特の美しい声なのか。僕の声は太い首のせいかな。長い事ラグビーをやっていたから首を鍛える必要があったんだ。で、答えはノーだよ。

Q:ラグビーのお話がでたので、ラグビーに関する質問もきてました。
今でもラグビーをされますか?

J:9歳の時に始めて23歳まで続けてたから14年間ラグビーをやっていた事になるね。大好きだよ。ラグビーはいろいろな事を教えてくれるスポーツだと思う。その中の一つはチームプレイをする、という事で、これは映画を作る時にとても役立つものなんだ。チームの中では自分はほんの1部分でしかない。そして、僕たちは自分の任された事だけをする。それ以上は必要ない。他にそれ以上、何かできる余裕もなく。自己中にふるまう余裕はないんだ。

Q:今でもやりたいと思いますか。

J:そうだね。でも、僕はもう歳をとっているからな。
それに、今のラグビーと僕がやっていた頃のラグビーはかなり違う。今はとてもプロフェッショナルなやり方が主流だよね。
僕がやっていた頃は、僕はボールを持ってひたすら走る太った男でしかなかったからね。

Q:英語を話す役の練習とスペイン語を話す役の練習に違いはありますか?

J:完全に違うね。英語だと、一生懸命練習し、台詞を自分のものにしなければならない。
僕は良く言うんだけど、感情と感覚を台詞と一緒に込めなければいけないんだ。
でないとその言葉を使い、その言葉を生きる、という経験をした事が無い状態では感情が入っていない演技になってしまう。
だから、とにかく良い会話コーチと一緒に座ってひとつひとつ練習を積み重ね、それらの台詞が自分のものになるまで練習する、という地道な作業だね。
時間はかかるよ。だけど、これは好きな事でもあるんだ。
僕はめんどくさがり屋じゃないからね。僕はめんどくさがり屋以外、何にでもなれるよ(笑)。

Q:運転の仕方は覚えましたか?

J:はは。覚えたよ。実際、このウディ・アレン監督の作品(それでも恋するバルセロナ)を見れば、僕がすごくかっこいい車を運転してる映像が観れるよ。
何という名前の車か、かもわからないけど。車は好きじゃないからね。でも、ホントかっこ良かったよ。
スカーレット(訳注:ヨハンソン)が隣に座ってるとこなんか最高に見えるんじゃないかな。
実際、あれは僕が運転したんだけど、練習するの何時間もかかっちゃったよ。
そこからそこまでの短い距離なのにね。でもやり遂げたよ。
まだ免許はないけど。車が怖いんだ。好きじゃないんだ。飛行機もヘリコプターも船も全部平気だし、何か事故があったわけでもないんだけどね。
車って加速する弾丸のようでしょ。ノーカントリーでも練習して大きなピックアップを運転したけど、誰も殺さなかったし。コーエン兄弟は「アクション!」ってこんな感じだったけど(よけるような仕草)。免許をもってないから、いつか免許をとらなければならないだろうね。

Q:死ぬほど共演したい俳優さんはいますか?

J:僕はいつもこう言うんだ。僕は神でなくアル・パチーノを信じている、って。かれの演技には熱狂する。彼のやり方からたくさんの事を学んだよ。だからいつかもし、電話がかかってきてパチーノと共演するか、と聞かれたらおかしくなってしまうだろうね。

日本語訳/Japanese translation : @_pepper_potts

ハビエルの語るシルヴァ

Found great interview of Javier Bardem.

silva-skyfall-james-bond

“Hydrogen cyanide didn’t kill him, but it destroyed him,” says Bardem of Silva’s suicide attempt. “That’s the main idea that Sam and I worked with — he’s rotting inside, spiritually, emotionally, physically.”

“シアン化水素は彼を殺さなかった。代わりに彼を壊してしまった。それが監督と話し合ったメインアイデアなんだ。彼は中から腐ってしまった。精神的にも、感情的にも、身体的にも。”  ロサンゼルスタイムズ紙インタビューより。 ハビエル バルデム

http://pepatan.tumblr.com/post/38461596523/girlboner4silva-hes-this-smooth

“He’s this smooth, weird-looking blond person who wants to be perceived as this angel — even if it’s an angel of death — because that’s the opposite of how he feels inside,” says Bardem.

“シルヴァは上品でブロンドの奇妙な男。彼は自分を天使のようだと感じて欲しいと願っている。たとえそれが死の天使だとしても。なぜなら、それが彼が心で感じている自分自身への思いと逆の事だから。”

http://www.latimes.com/entertainment/envelope/la-en-javier-bardem-skyfall-james-bond-20121220,0,759689.story

シルヴァの音楽センス

スカイフォールを先週と今週(IMAX)で2回観ましたが、中毒になる作品です。

みんなかっこいいのですが、悪役シルヴァとシルヴァを演じるハビエル・バルデムに夢中です。

シルヴァ役のハビエル・バルデムのいろいろなインタビュー動画やBBCのグラハム・ノートン・ショー動画などで見ましたが、ホントに中身も素敵な方です。

javier-bardem-skyfall-poster

The sky didn’t fall down. It was me who fell down from the sky. Hit my head so badly. Deeply in love with Javier Bardem… #Skyfall

SKYFALL

ボンド役のダニエル・クレイグとシルヴァ役のハビエル・バルデム

さて、今回2回目を観た時、シルヴァの選曲のセンスにしびれました。

簡単ですが、シルヴァがヘリコプターから大音量で流してた曲の歌詞です。

こんな選曲をするおちゃめなシルヴァにますます夢中になってしまいます。

Boom Boom/ The Animals

The lyrics of the song which Silva was playing from the helicopter when he was coming to Skyfall… He does have a great taste of music. xD

Boom boom boom boom
Gonna shoot you right down
Take you in my arms
I’m in love with you
Love that is true

Boom boom boom boom
おまえを撃ち落としてやるぜ
オレの腕の中に入れて連れ帰ってやる
おまえに惚れてるんだ
本物の愛さ!

Boom boom boom boom
I like the way you walk
I like the way you talk
When you walk that walk
and you talk that talk
You knock me out
Right off of my feet

Boom boom boom boom
おまえの歩き方が好きさ
おまえの話し方が好きさ
その話し方に
その歩き方に
おれは完全にノックアウトされちまう

C’mon and shake,
Shake it baby
Shake it up baby
Shake it baby
C’mon now baby
Shake it baby
I don’t mean maybe
本気で言ってるんだ
Shake it baby
You’re driving me crazy
おまえに完全に夢中さ
Shake it baby
C’mon, c’mon
Shake it baby
All right, all right
The way you walk
The way you talk
When you walkin’ that walk
And talkin’ that talk
You knock me out
Right off of my feet
I need you right now
I mean right now
I don’t mean tomorrow
I mean right now
C’mon, c’mon
C’mon shake it up baby
Boom boom boom boom

Shake it やC’mon など日本語に上手く訳せない箇所はそのままにしました。
訳/Japanese translation by @_pepper_potts

Javier-Bardem-Vous-ne-saurez-rien-sur-Skyfall_portrait_w532

もう一曲、シルヴァが島で大音量で流していた曲。

こちらはフランス語なので、ツイッターで歌詞の意味が掲載されている、と教えていただいた以下のサイトよりお借りさせていただきました。

http://blog.livedoor.jp/aara/archives/51630393.html

 ブン

時計が刻んでいる音がする…tic tac tic tacと
湖の鳥たちが鳴いているよ…pic pic pic picと
Glou glou glouとすべての七面鳥が鳴いている
可愛らしいベルの音が…ding din don
だけど…

Boum
僕たちの心が”Boum”と高鳴るとき
皆といっしょに彼も”Boum”と言わせる
そして、それは目醒めた愛の音なのさ
Boum
それは歌う…”Love in bloom”(咲き誇る愛)を
この”Boum”のリズムに
誰が耳元で”Boum”と囁き続けるだろう

昨日からすべては変わり始めたのさ
そして街路には窓から見つめる目があるはずさ
そこにはリラの花束を持って、緊張している手があるだろう
海の上には太陽が昇っているのだ

Boum
昼の星さえ”Boum”と鳴る
皆といっしょに彼も”Boum”と言わせる
僕たちの心は高鳴っているんだ…”Boum Boum”と…

森の風が鳴っているよ…”hou hou hou”と
雌鹿が激しく泣いている…”mê mê mê”と
食器が壊れる音は”cric crin crac”さ
濡れた足音が”flic flic flac”と
だけど…

Boum
僕たちの心が”Boum”と高鳴るとき
皆といっしょに彼も”Boum”と言わせる
鳥が”Boum”と鳴けば、嵐のざわめきさ
Boum
彼に大きな音をたてさせる稲妻
神様が”Boum”と言っているのさ
雲の中の肘掛け椅子で…

なぜなら僕の愛は稲妻より速くて
鳥よりも軽やかなミツバチのようなものだから
そしてもしそれを”Boum”と言わせて、もし神様の怒りに触れるなら
彼は驚くべき神様の姿に連れ去られていくのさ

全世界が”Boum”と鳴る
全宇宙が”Boum”を作るのさ
だって僕の心が”Boum Boum”と鳴っているのだから
Boum
僕には”Boum”としか聞こえない
それはいつだって”Boum Boum”言わせているのさ
Boum Boum Boum…と

(訳:ああ さん)

 

おまけ:

Qもアールグレイ好きだと判明。

「あなたが1年かけてもできない事をパジャマのまま朝の1杯のアールグレイを飲む前にできますよ。」

Ok. Q likes Earl Grey, too like Tom Hiddleston 😉