アナと雪の女王 Do you want to build a snowman 日本語訳。英語の歌詞にできるだけそって訳してみました。パート2

IMG_6525-0.JPG

せっかくなので ”Do you want to build a snowman” も英語の歌詞にできるだけそって細かに訳してみました。 :)

“Do you want to build a snowman?”

Anna:
Elsa?
(Knocking: Knock, knock, knock, knock, knock, knock)
Do you wanna build a snowman?
Come on lets go and play
I never see you anymore
Come out the door
It’s like you’ve gone away-
We used to be best buddies
And now we’re not
I wish you would tell me why!-
Do you wanna build a snowman?
It doesn’t have to be a snowman.

アナ:

エルサ、

雪だるま作りたくない?

一緒に行って遊ぼうよ

もうずっと会ってない

出て来てよ

まるで遠くに行っちゃったみたい

一番の親友だったのに

今は違うの

理由を教えてくれたらいいのに!

雪だるま作りたくない?

雪だるまじゃなくったっていいんだよ

Elsa:
Go away, Anna

Anna:
Okay, bye…

エルサ:あっちへ行って、アナ。

アナ:わかったよ。じゃあね・・・

(Knocking)
Do you wanna build a snowman?
Or ride our bike around the halls
I think some company is overdue
I’ve started talking to
the pictures on the walls-
(Hang in there, Joan!)
It gets a little lonely
All these empty rooms,

Just watching the hours tick by-
(Tic-Tock, Tic-Tock, Tic-Tock, Tic-Tock, Tic-Tock)

アナ:

((ノック ノック))

雪だるま作りたくない?

広間中を二人の自転車に乗って遊んでもいい

誰かさんは来るのがあまりにも遅いから

私は壁の絵に話かけ始めちゃったくらい

(ジャンヌ、がんばって!)

少し寂しいんだよね、

空っぽの部屋ばっかり

時間が過ぎてくのを見てるだけ

(チクタク チクタク チクタク)

(Orchestral)

Anna:
(Knocking)
Elsa?
Please, I know you’re in there,
People are asking where you’ve been
They say “have courage”, and I’m trying to
I’m right out here for you, just let me in
We only have each other
It’s just you and me
What are we gonna do?

Do you wanna build a Snowman?

アナ:
((ノック ノック))
エルサ。
お願い。そこにいるんでしょう。
人々はあなたがどこにいるのか、って聞いてくる
みんな「気を強く持て」って、私も努力はしてるけど
私はいつでもあなたのためにここにいるよ  ただ中に入れて。
私たち、お互いしかいないの
あなたと私
私たちどうしたらいいの?
雪だるま作りたくない?

訳 Japanese translation by pepper

ちなみに、この曲は“Let it go” の日本語版 ”ありのままで” のように大きく意味が変えてある部分は無いと思いますが
細かに対訳を付けてみようかな、と思いやってみただけです。 ^^

海外のファンの中には
「ジャンヌ、がんばって!」という台詞を深読みすると
単に壁にジャンヌ ダルクの絵が掛っているからだけでなく、
ジャンヌ・ダルクはフランスに勝利をもたらした英雄でもあるけれど、
魔女とされ最後には火刑にされてしまい
氷の魔女ともとれるエルサと重なる(涙)、
またアナの呼びかけは「エルサ、がんばって」とも解釈できる、とおっしゃってる方もいらっしゃいました。

もうひとつ、今まで気がつきませんでしたが、
自転車は1台なんですよね。
動画を見ると2人乗り自転車なんですね。(涙)
ride our bike around the halls
”our bike” – our bikesでない、つまり ”2人の自転車” でいくつもの広間の中を乗り回そう

結構見逃してる点があったりしますね。

広告

デイン デハーン@アメイジング スパイダーマン2

20140526-143120-52280342.jpg

アメイジングスパイダーマンは1もとても好きな作品でしたが、
今回の続編もアメイジングな作品でした。
自分にできるなら 出来る限り誰かを助けたい、人に勇気を与えたい、というひたむきなスパイダーマン。
だからこそみんなのヒーローなのでしょうね。
スパイダーマンを一人の人間として尊敬します。
良いヒーローですね。

インタビューなどを見ててわかりますが、
アンドリュー ガーフィールドは彼自身が本シリーズのピーター パーカーと同じように
純真で優しい人なんだろうな、と思います。

ジェイミー フォックスもいい役者さんですね、ホントに。
アイアンマン3のキリアンをはじめとする敵役たちやマイティソー ダークワールドのジェーンのように
身体の皮膚の下から発光するようなのは苦手で、
今回のエレクトロもきっと気持ち悪いかな、と思って臨んだ劇場でしたが、
いやあ、ジェイミー フォックスの演技の素晴らしさとマックス(エレクトロになる前)というキャラクターの内面の描写が結構切なく、
エレクトロは平気でした。
Graham Norton showでジェイミー フォックスが歌うのを見ましたが
ホントに彼は歌も上手いし、というか、R&Bシンガーもやっていたというか。
多才ですね。

映画を見て3日目ですが、いい後味を残してくれているのが
本作でハリー オズボーン/ グリーン ゴブリンを演じたデイン デハーン。
ディカプリオのギャツビーのよう純粋さと儚さ、狂気を絶妙に体現してくれてました。
デインははどんな人なのかな、といくつか動画を見ていたのですが、楽しいエピソードがあったのでざっくりと訳してご紹介します。

(1:50~)
デイン デハーンのお父さんはスターウォーズのフィギュア(デインいわく永遠に未開封とされている物も多数)を
たくさん地下室にコレクションするほどのマニア。
デインがアメイジング・スパイダーマン2でグリーンゴブリンを演じる事が決まった時、
大喜びしながらお父さんが言った最初の言葉は
「私のマンガクラブの仲間が驚くぞ!」
だったそう。 

(2:50~)
アメスパ2に出演が決まり、痩せていたデインは撮影までに20ポンド位増量したそう。
なんと8、9カ月かけて体重を増やしていった方法が
2時間おきに大量の野菜とプロティーン類を食べるという方法。

ある日、トレーナーが たまにズルして他の物も食べてるかと聞いた。
デインはズルはせず、ずっと守ってきてる、と答えた。
するとトレーナーはもう4カ月経つし、たまには息抜きをしていいんだよ、と言ってくれた。
そこでデインは奥さんと一緒にハンバーガーを食べに行った。
4か月ぶりに食べたハンバーガーの味はとてもおいしくて食べながら泣いてしまったそう。

”よくグリーンゴブリンの特殊メイクや食事制限は大変だったでしょう、と聞かれる。
正直、グリーンゴブリンを演じられるなんて 今までで一番サイコーな事。
食事の事なんて気にならないよ!” ―デイン デハーン

8,9か月もそんな食生活、役者さんの生活も過酷ですね。
役者さんの努力や思いが垣間見れたエピソードでした。

Graham Norton Show ジェイミー フォックスの歌の部分。