ハビエルとタイム.com読者からの質問

タイム.com読者からの質問に答えるハビエル・バルデム

”脚本を読んで、その作品が直感的にピンとくるものであったなら、やる価値があると思う。
体は嘘をつかない。”
TIME Interviews Javier Bardem

Q(インタビュアー):いつか演技を極限まで極めると思いますか?

J(ハビエル):18歳の時から演技学校に通い始めて、39歳(訳注:現在43歳)になった今も、毎年行っているんだ。
いくつかある演技学校へ行く理由の一つは、演技をする場所を求めて、という事なんだ。
何故かと言うと、演技をする機会が無い事もあるからね。
自分が若く役者になろうとしていた頃、どんなだったか、という事をしっかりと確認する必要があるんだ。
俳優、というのは簡単な選択肢ではないんだ。
俳優はいつもどこかしらで演技の仕事をしている、と思われがちだが、そんな事はなくて、それは世界中の役者達の1%の人達でしかないんだ。ほとんどは仕事がないというハードな職業だよ。
俳優業を職業として選択をする人は演技をする事が大好きで、どうしてもしたい、という人達なんだ。僕は役者という仕事で食べていけているからラッキーだよ。

Q:どのようにそれぞれの作品での違った演技になるようにしていますか?

J:脚本を読んで、その作品が直感的にピンとくるものであったなら、やる価値があると思う。
体は嘘をつかない。
役者や何かクリエイティヴな職業の人は直感にもっと頼るべきなんだ。
僕が演じる時はそれをやらなければならない、という思いに駆られている時なんだ。
自分の体が感じた直感をしんじるからね。
終わってからは、もう完全に終わりで、もう見たくもないんだ。
それが芝居をすることの素晴らしい所じゃないかな。
その瞬間、瞬間に起こっている事。
それで、例えば映画館で見る時、ちょっと変な感じがするんだよね。
たいがい観ていると自分のやろうとしていた演技ではなくて、その瞬間、そうなった演技なんだ。
何か自然にそうなった演技で自分でも驚くんだ。そして、自分ではその演技が良いのか悪いのかはわからないんだ。それは観客が判断してくれるよね。

Q:ご自分の声をユニークな声だと思われますか?

J:わお。ありがとう。まあ、この質問をくれた人がどういう意味でユニークという言葉を使ったかわからないけどね。独特の嫌な声なのか、独特の美しい声なのか。僕の声は太い首のせいかな。長い事ラグビーをやっていたから首を鍛える必要があったんだ。で、答えはノーだよ。

Q:ラグビーのお話がでたので、ラグビーに関する質問もきてました。
今でもラグビーをされますか?

J:9歳の時に始めて23歳まで続けてたから14年間ラグビーをやっていた事になるね。大好きだよ。ラグビーはいろいろな事を教えてくれるスポーツだと思う。その中の一つはチームプレイをする、という事で、これは映画を作る時にとても役立つものなんだ。チームの中では自分はほんの1部分でしかない。そして、僕たちは自分の任された事だけをする。それ以上は必要ない。他にそれ以上、何かできる余裕もなく。自己中にふるまう余裕はないんだ。

Q:今でもやりたいと思いますか。

J:そうだね。でも、僕はもう歳をとっているからな。
それに、今のラグビーと僕がやっていた頃のラグビーはかなり違う。今はとてもプロフェッショナルなやり方が主流だよね。
僕がやっていた頃は、僕はボールを持ってひたすら走る太った男でしかなかったからね。

Q:英語を話す役の練習とスペイン語を話す役の練習に違いはありますか?

J:完全に違うね。英語だと、一生懸命練習し、台詞を自分のものにしなければならない。
僕は良く言うんだけど、感情と感覚を台詞と一緒に込めなければいけないんだ。
でないとその言葉を使い、その言葉を生きる、という経験をした事が無い状態では感情が入っていない演技になってしまう。
だから、とにかく良い会話コーチと一緒に座ってひとつひとつ練習を積み重ね、それらの台詞が自分のものになるまで練習する、という地道な作業だね。
時間はかかるよ。だけど、これは好きな事でもあるんだ。
僕はめんどくさがり屋じゃないからね。僕はめんどくさがり屋以外、何にでもなれるよ(笑)。

Q:運転の仕方は覚えましたか?

J:はは。覚えたよ。実際、このウディ・アレン監督の作品(それでも恋するバルセロナ)を見れば、僕がすごくかっこいい車を運転してる映像が観れるよ。
何という名前の車か、かもわからないけど。車は好きじゃないからね。でも、ホントかっこ良かったよ。
スカーレット(訳注:ヨハンソン)が隣に座ってるとこなんか最高に見えるんじゃないかな。
実際、あれは僕が運転したんだけど、練習するの何時間もかかっちゃったよ。
そこからそこまでの短い距離なのにね。でもやり遂げたよ。
まだ免許はないけど。車が怖いんだ。好きじゃないんだ。飛行機もヘリコプターも船も全部平気だし、何か事故があったわけでもないんだけどね。
車って加速する弾丸のようでしょ。ノーカントリーでも練習して大きなピックアップを運転したけど、誰も殺さなかったし。コーエン兄弟は「アクション!」ってこんな感じだったけど(よけるような仕草)。免許をもってないから、いつか免許をとらなければならないだろうね。

Q:死ぬほど共演したい俳優さんはいますか?

J:僕はいつもこう言うんだ。僕は神でなくアル・パチーノを信じている、って。かれの演技には熱狂する。彼のやり方からたくさんの事を学んだよ。だからいつかもし、電話がかかってきてパチーノと共演するか、と聞かれたらおかしくなってしまうだろうね。

日本語訳/Japanese translation : @_pepper_potts

広告

ハビエルの語るシルヴァ

Found great interview of Javier Bardem.

silva-skyfall-james-bond

“Hydrogen cyanide didn’t kill him, but it destroyed him,” says Bardem of Silva’s suicide attempt. “That’s the main idea that Sam and I worked with — he’s rotting inside, spiritually, emotionally, physically.”

“シアン化水素は彼を殺さなかった。代わりに彼を壊してしまった。それが監督と話し合ったメインアイデアなんだ。彼は中から腐ってしまった。精神的にも、感情的にも、身体的にも。”  ロサンゼルスタイムズ紙インタビューより。 ハビエル バルデム

http://pepatan.tumblr.com/post/38461596523/girlboner4silva-hes-this-smooth

“He’s this smooth, weird-looking blond person who wants to be perceived as this angel — even if it’s an angel of death — because that’s the opposite of how he feels inside,” says Bardem.

“シルヴァは上品でブロンドの奇妙な男。彼は自分を天使のようだと感じて欲しいと願っている。たとえそれが死の天使だとしても。なぜなら、それが彼が心で感じている自分自身への思いと逆の事だから。”

http://www.latimes.com/entertainment/envelope/la-en-javier-bardem-skyfall-james-bond-20121220,0,759689.story

シルヴァの音楽センス

スカイフォールを先週と今週(IMAX)で2回観ましたが、中毒になる作品です。

みんなかっこいいのですが、悪役シルヴァとシルヴァを演じるハビエル・バルデムに夢中です。

シルヴァ役のハビエル・バルデムのいろいろなインタビュー動画やBBCのグラハム・ノートン・ショー動画などで見ましたが、ホントに中身も素敵な方です。

javier-bardem-skyfall-poster

The sky didn’t fall down. It was me who fell down from the sky. Hit my head so badly. Deeply in love with Javier Bardem… #Skyfall

SKYFALL

ボンド役のダニエル・クレイグとシルヴァ役のハビエル・バルデム

さて、今回2回目を観た時、シルヴァの選曲のセンスにしびれました。

簡単ですが、シルヴァがヘリコプターから大音量で流してた曲の歌詞です。

こんな選曲をするおちゃめなシルヴァにますます夢中になってしまいます。

Boom Boom/ The Animals

The lyrics of the song which Silva was playing from the helicopter when he was coming to Skyfall… He does have a great taste of music. xD

Boom boom boom boom
Gonna shoot you right down
Take you in my arms
I’m in love with you
Love that is true

Boom boom boom boom
おまえを撃ち落としてやるぜ
オレの腕の中に入れて連れ帰ってやる
おまえに惚れてるんだ
本物の愛さ!

Boom boom boom boom
I like the way you walk
I like the way you talk
When you walk that walk
and you talk that talk
You knock me out
Right off of my feet

Boom boom boom boom
おまえの歩き方が好きさ
おまえの話し方が好きさ
その話し方に
その歩き方に
おれは完全にノックアウトされちまう

C’mon and shake,
Shake it baby
Shake it up baby
Shake it baby
C’mon now baby
Shake it baby
I don’t mean maybe
本気で言ってるんだ
Shake it baby
You’re driving me crazy
おまえに完全に夢中さ
Shake it baby
C’mon, c’mon
Shake it baby
All right, all right
The way you walk
The way you talk
When you walkin’ that walk
And talkin’ that talk
You knock me out
Right off of my feet
I need you right now
I mean right now
I don’t mean tomorrow
I mean right now
C’mon, c’mon
C’mon shake it up baby
Boom boom boom boom

Shake it やC’mon など日本語に上手く訳せない箇所はそのままにしました。
訳/Japanese translation by @_pepper_potts

Javier-Bardem-Vous-ne-saurez-rien-sur-Skyfall_portrait_w532

もう一曲、シルヴァが島で大音量で流していた曲。

こちらはフランス語なので、ツイッターで歌詞の意味が掲載されている、と教えていただいた以下のサイトよりお借りさせていただきました。

http://blog.livedoor.jp/aara/archives/51630393.html

 ブン

時計が刻んでいる音がする…tic tac tic tacと
湖の鳥たちが鳴いているよ…pic pic pic picと
Glou glou glouとすべての七面鳥が鳴いている
可愛らしいベルの音が…ding din don
だけど…

Boum
僕たちの心が”Boum”と高鳴るとき
皆といっしょに彼も”Boum”と言わせる
そして、それは目醒めた愛の音なのさ
Boum
それは歌う…”Love in bloom”(咲き誇る愛)を
この”Boum”のリズムに
誰が耳元で”Boum”と囁き続けるだろう

昨日からすべては変わり始めたのさ
そして街路には窓から見つめる目があるはずさ
そこにはリラの花束を持って、緊張している手があるだろう
海の上には太陽が昇っているのだ

Boum
昼の星さえ”Boum”と鳴る
皆といっしょに彼も”Boum”と言わせる
僕たちの心は高鳴っているんだ…”Boum Boum”と…

森の風が鳴っているよ…”hou hou hou”と
雌鹿が激しく泣いている…”mê mê mê”と
食器が壊れる音は”cric crin crac”さ
濡れた足音が”flic flic flac”と
だけど…

Boum
僕たちの心が”Boum”と高鳴るとき
皆といっしょに彼も”Boum”と言わせる
鳥が”Boum”と鳴けば、嵐のざわめきさ
Boum
彼に大きな音をたてさせる稲妻
神様が”Boum”と言っているのさ
雲の中の肘掛け椅子で…

なぜなら僕の愛は稲妻より速くて
鳥よりも軽やかなミツバチのようなものだから
そしてもしそれを”Boum”と言わせて、もし神様の怒りに触れるなら
彼は驚くべき神様の姿に連れ去られていくのさ

全世界が”Boum”と鳴る
全宇宙が”Boum”を作るのさ
だって僕の心が”Boum Boum”と鳴っているのだから
Boum
僕には”Boum”としか聞こえない
それはいつだって”Boum Boum”言わせているのさ
Boum Boum Boum…と

(訳:ああ さん)

 

おまけ:

Qもアールグレイ好きだと判明。

「あなたが1年かけてもできない事をパジャマのまま朝の1杯のアールグレイを飲む前にできますよ。」

Ok. Q likes Earl Grey, too like Tom Hiddleston 😉

Skyfall – Adele 歌詞訳

SKYFALL – Adele 歌詞訳 Lyrics Japanese translation

(改訂版と歌詞の意味の考察 2014/05/16)

This is the end
Hold your breath
And count to ten
Feel the earth move
And then
Hear my heart burst again

これで終わり
息を止めて10数えて
地球の動きを感じ
それから
この胸がもう一度張り裂ける音を聞いて

For this is the end
I’ve drowned and dreamt
This moment
So overdue I owe them
Swept away
I’m stolen

だってこれで終わりだから
溺れ夢みてたこの瞬間
とっくに終わりはきてたから ありがたいくらい
流され、のみ込まれていく

Let the skyfall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け散る中、
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かう

Let the skyfall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together
At skyfall
At skyfall

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け散る中
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かうわ
スカイフォールで
スカイフィールで

Skyfall
Is where we start
A thousand miles
And poles apart
Where worlds collide
And days are dark
You may have my number
You can take my name
But you’ll never have my heart

スカイフォールから始めましょう
何千マイルもずっと離れた
暗く、世界が衝突しあう場所

私の番号も

名前も奪うがいいわ

でも私の心は変えられない

Let the skyfall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け散る中
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かう

Let the skyfall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together
At skyfall
At skyfall

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け散る中
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かう
スカイフォールで
スカイフィールで

Where you go I go
What you see I see
I know I’d never be me
Without the security
Of your loving arms
Keeping me from harm
Put your hand in my hand
And we’ll stand together

あなたが行くところへ私も行く
あなたが見るものを私も見るの
あなたの優しい腕が守ってくれる安心がなければ
私は自分自身でいる事もできないのを知ってる
私の手を握って
一緒に立ち向かうの

Let the skyfall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け落ちる時
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かう

Let the skyfall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together
At skyfall

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け落ちる時
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かう
スカイフォールで
スカイフィールで

Let the skyfall
We will stand tall
At skyfall

空が落ちるなら落ちればいい
粉々に砕け落ちる時
私たちは気高く立ちあがり
一緒に立ち向かう
スカイフォールで

日本語訳 Japanese translation: Pepper

スカイフォール公開中はスカイフォールに夢中過ぎて よく見えなかったのだろうと思うこの歌の全体像ですが、

冷静に今、考えると主にボンドと見せかけてシルヴァのMに対する思いがつづられている曲なのではないかな、

と思え、少し変更し、改訂版としました。
歌はアデルが歌っているので女性の口調の訳にしました。

シルヴァの歌だと思う1番のポイントは

”私の番号も

名前も奪うがいい

でも私の心は変えられない” の部分。

You may have my number →007のような00のエージェントとしての番号

Mが優秀なエージェントであったシルヴァが勝手な行動を始めた事を理由に

多数のエージェントと引き換えに彼を見捨てた、つまり、エージェントとしては消された事に対して

You can take my name →Mと対面した時、Mがシルヴァの本名(ティアゴ)を口にしなかった事に対して 

But you’ll never have my heart →エージェントの番号も名前も消し去られたとしても 自分の心はいつまでもMを慕っているということ

です。

また、冒頭の

”This is the end
Hold your breath
And count to ten

And then

Hear my heart burst again”

の部分は
映画の冒頭でボンドが川の底に落ちて行く映像と一緒に流れるので

これで終わり、息をとめて10数えて、と言うとすっかり、ボンドの事かと思いますが、

クライマックスにシルヴァがMをつかまえ一緒に死のうとする場面と合わせる方がしっくりきます。

特に10数えて、と言うのはピストルを撃つ前に数えるかのようですよね。

そして、”もう一度私の心が張り裂ける音を聞いて”というのは

Mに見捨てられた事を知った時、シルヴァの心はすでに一度張り裂けているので、

「もう一度」という表現が出来るのだと思えます。

アデルがこの曲を作った時、彼女は誰を思っていたのでしょうね。

This is my understanding of Adele’s Skyfall lyrics.

I’d say this song is about Silva.

Here are some reasons:

”This is the end
Hold your breath
And count to ten → When Silva tries to kill both M and himself together.

And then

Hear my heart burst again” → When Silva found out that M had betrayed him, Silva’s heart already bursted once. So, this will be the second time. Hence “AGAIN”

You may have my number→ ”Number” meaning the number of agent – like 007.

M tried to erase the existence of Agent Silva in the exchange of other agents.

You can take my name → M did not say Silva’s real name (Tiago) when they met after a long time.
In the film, we can see how Silva was upset about M not saying his real name.

But you’ll never have my heart → Despite the ruthlessness of M, Silva is still attached to M.

Qは物語の中の古さと新しさの葛藤を象徴するような存在-ベン・ウィショー

ベン・ウィショーさんのコメント、140字に入る分だけですが。

”脚本を読んだ時、ボンド作品として今の時代に合う素晴らしい進化を遂げていると思った。

Qは物語の中の古さと新しさの葛藤を象徴するような存在” ベン・ウィショー

maroon5 ”sweetest goodbye” 日本語訳 歌詞

maroon5の”sweetest goodbye” 切なく美しい歌詞。

2012.2.3.にツイッター上で投稿したもの。

“Sweetest Goodbye”
Where you are seems to be
As far as an eternity
Outstretched arms open hearts
And if it never ends then when do we start?
I’ll never leave you behind
Or treat you unkind
I know you understand
And with a tear in my eye
Give me the sweetest goodbye
That I ever did receive
君との距離が
永遠のように遠く感じる。
心を開いて、両腕を差し出しても
終わりがないとしたらどこから始めればいいんだろう?
僕は君を一人にしたりしないし、
つらい思いもさせない。
君もわかるはず。
僕の一粒の涙と交換に
今まで僕が受けたことのないような
やさしいさよならをして欲しい

Pushing forward and arching back
Bring me closer to heart attack
Say goodbye and just fly away
When you comeback
I have some things to say
求めてきたり、後ずさりしたり
僕の胸を締め付ける
さよならの言葉だけで飛び去っていくなんて。
君が戻ってきたら
君に言いたい事があるんだ

How does it feel to know you never have to be alone
When you get home?
There must be someplace here that only you and I could go
So I can show you how I
Dream away everyday
Try so hard to disregard
The rhythm of the rain that drops
And coincides with the beating of my heart
家に戻った時、
一人ぼっちじゃなくていいってどんな気持ちなの?
僕たち二人だけの場所があるはず。
そして君に伝えたい
僕が毎日をぼんやりと過ごし、
どれだけ必死で考えないようにしているかを。
雨の滴の奏でる音は
僕の心臓の鼓動と重なる。

I’ll never leave you behind
Or treat you unkind
I know you understand
And with a tear in my eye
Give me the sweetest goodbye
That I ever, ever, ever did receive
僕は君を一人にしないし、
つらい思いもさせない
君はわかるはず。
涙を浮かべる僕に
僕が今まで受けた事のないような
やさしいさよならをして欲しい

Pushing forward and arching back
Bring me closer to heart attack
Say goodbye and just fly away
When you comeback
I have some things to say
求めてきたり、後ずさりしたり
僕の胸を締め付ける
さよならの言葉だけで飛び去っていくなんて。
君が戻ってきたら
君に言いたい事があるんだ

How does it feel to know you never have to be alone
When you get home?
There must be someplace here that only you and I could go
So I can show you how I feel
家に戻った時、
一人ぼっちじゃなくていいってどんな気持ちなの?
僕たち二人だけの場所があるはず。
そして君に伝えたい僕がどう感じているかを

RDJとクリス・ヘムズワースの1コマ

アベンジャースに関連したインタビューでロバート・ダウニーjrとクリス・ヘムズワースの楽しい一コマ。

2012.5.6にツイッター上で投稿したもの。

 

リポーター:主役を一人で務めるのと、複数の役者で務める事の違いをどう思われましたか?
(RDJがマイクをリポーターに向ける。リポーター:私のマイクはここについてます^u^。RDJマイクをカメラに向ける)
RDJ:それはクリスが答えるよ。(クリスにマイクを向ける)
クリス:分担する分、一人ひとりの負担は減ったよね。
RDJ:みんなで力を合わせればできる、って事が最大のメッセージかな。スケールの大きなストーリーだったから撮影は結構ハードで長期に及んだ。

だけど、誰も一人だけですっごく苦労せずにすんだんだ。(クリスにマイクを向ける)
クリス:wwうん。それはほんと。
リポーター:もし、ソーとアイアンマンが戦うとしたら、どちらが勝つと思いますか?
RDJ:この質問には僕が答えさせてもらうよ。クリス(と言ってクリスにマイクを向ける)
クリス:ん?www(RDJとクリス顔を見合わせて笑う)たぶん、同じくらいの実力だから、引き分けになるんじゃないかな。
RDJ:(リポーターに向かって)ここにいる僕たち二人を見てよ。そんな質問するまでもないでしょう。彼は神で、(クリス「ハハハハハ」)僕はただの男だよ。
クリス:そんなことないよっ

RDJらしい受け答えが楽しいのとクリヘムさんもいい人感あふれてていいですよね。好きな動画の一つです。