Justice has a bad side. スーサイド・スクワッド字幕と台詞メモと感想。

スーサイド・スクワッド、観てきました。

公開から4日、ネタバレを避けながらも、ツイッターでたまに目に入ってきていた評価はあまりよくないものもあったので、そんなに期待しないで行きましたが、

すごく良かったです。

 

字数制限等で字幕に入り切れてないな、反映しきれていないな、と感じ台詞のメモをとってきましたので残しておきます。

“字:” が字幕の内容。こんな感じの字幕だった、という程度で。

“英:” が実際の台詞の意味です。

 もし、字幕になってたり、字幕と大きく違ったりしたらごめんなさい。映画館の暗闇でささっとメモしてる程度なので。

2016/9/28 2回目鑑賞後、少し追記しました。

2回目、ストーリーを把握していたので、細かな点も追うことができて、ますます好きになりました!

(デッドショットの娘が言う台詞)

字:家事はしてる

英:ママの面倒はみれてる

(訳注:その後のデッドショットの「お前がママの面倒をみるんじゃなくて、ママがお前の面倒をみるべきだ」、みたいな台詞につながる)

(ウォラーとお偉いさんの会話)

お偉いさん

字 : 嬉しそうだな

英: カナリアを食べたネコみたいだな (嬉しそうだな、という意味の慣用句的表現)

ウォラー

字: たくさん捕まえた

英: たくさんのカナリアを食べたのよ

(奴らはどこにいる? という質問への返答)

ウォラー

字:

英: 穴に入れてその穴をどこかへ捨てたとでも言っておきましょう。

私: ドラえもんの通り抜けフープか。

(ウォラーの回想シーンの中)

字:オフィスラブは失敗すると言うでしょう

英語:オフィスラブは上手くいかないと言うでしょう

訳注:英語では ”Workplace romance goes wrong” と言っているのでgo wrong=失敗する の他に 誤った方向に向かう という意味があるので、そちらでとりたいところです。ジョーカーとハーレイ・クインの間に普通の形ではないにしても愛があることを考慮すると失敗とは違うと私は主張したい!

(ハーレイがブッ殺して逃げろ?って“声”が聞こえた、と言った後、ボソっという言葉)

字:冗談よ。今じゃないから

英:冗談よ。ホントはちょっと違う言葉。

(ウォラーの説明がわからないデッドショット)

字:悪いがチンプンカンプンだ

英:”善人語”がわからない人に説明すると?

訳注:原語:For those of us who don’t speak good guys?

Bad guys(悪党との対比でgood guysが言語を表す名詞として使われてる)

(デッドショットが銃を看守に向けた時)

字: クッキーをあげただろ

英: クッキーを1枚あげただろ。あれは本物のクッキーだったんだぞ。

訳注: That was a real cookie! って命乞いに使う看守w

(ハーレイがカタナに向かって自己紹介するとき)

字:いいニオイ、血なまぐさいけど。

英:いいニオイ、血なまぐさいけど。(I love your perfume.)香水、何使ってるの?

(ウォラーを助けに来たのだとわかったとき)

字:要人を助けに来たのかと思ったら

英:ネルソン・マンデラを助けに来たのかと思ったら

字: 女はいかれてるくらいがいい

英: いかれてるくらいがいいって言うもんな

(訳注: “You know what they say about the crazy ones.” と言っているので性別は女性とは限らない )

ハーレイ

字: オシャレなスーツ

英: 私のためにドレスアップしてくれたの?

ジョーカー

字: おまえのために

英: おまえのためならなんだってするって知ってるだろう

私: 😍

字:このヘリは終わりだ

英:(This bird is baked.)

訳注:直訳すると “この鶏はもう焼きあがった” 日本語にすると面白くないけれど、ジョーカーの言葉のセンスがわかる台詞なのでメモ。

字:ダーリンのお嫁さん

英:彼が私と結婚してくれた

訳注:ハーレイ:He married me.

私:涙涙涙

ディアブロ

字: 家族をなくした。これ以上失いたくない

英: 俺は家族をなくした。もう1つの家族まで失うつもりはない。

訳注: I lost one family. I ain’t gonna lose another one.  と言ってました。スーサイドスクワッドを彼のもう1つの家族だと言ってるディアブロ。


 

個人的にはアメコミ映画に関しては特にですが、あまりダークな内容の作品よりも、

例えばマーベルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のように楽しくて感動できるエンターテイメント作品が好きなので本作はとても気に入りました。

そういえば劇中、ヘリコプターに乗っているシーンでガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのサントラにも入っていた ”Spirit in the Sky” も使われていましたね。

♪僕が死んで眠りについたら、神のもとへ、天の一番良い場所に昇っていくんだ♪ なんて歌詞です。ナイス選曲。

本編は軽いノリの中にも、デッドショットが娘を思う気持ち、

ジョーカーとハーレイ・クインの狂おしく(実際狂っていて)美しいロマンス、

ディアブロの妻子への後悔の深い念、

などがよく描かれていたと思います。

ブーメランがユニコーンのぬいぐるみを大切に思うに至ったいきさつなど、知りたい事もありますが、

想像するだけでそれぞれ1本の映画ができるような切ないドラマも盛りだくさんでした。

 

また、政府やバットマンが正義の名の元に行っていることは、

視点を変えると悪党、もしくはそれ以下という点も興味深かったです。

ほんと、哀愁ただようベン・アフレックが疲れたバットマンをやっていなかったら、

彼を支えるアルフレッドをジェレミー・アイアンズがやっていなかったら、バットマンを嫌いになるところでした。

 

サンディエゴコミコンで昨年ファーストルックとして流されたトレーラーには思わぬ発見もありました。

“JUSTICE  HAS A BAD SIDE”

(正義には悪の面がある)

と書かれているのです。

もちろん、スーサイド・スクワッドのように悪が正義を成すことができる、という意味もあると思うのですが、

このトレーラーではウォラーの存在感が協調されていることを考えると、

正義の側に立つ者たちが正義だと思っていることは悪にもなり得、また正義を振りかざしている人間は実は自分が悪を行っているとわかっている確信犯であったりするという意味もあったのだなと感じました。

劇中のハーレイの「世界が何をしてくれた?私たちの事を憎んでる。」 という言葉もさらに感慨深いものになります。

 

物語のラスト、ボヘミアン・ラプソディが流れる中、刑務所に戻るスーサイド・スクワッドメンバーの姿は歌詞の意味と重なり、この曲が使われていた意味はここにあったのか、と涙しました。

“Bohemian Rhapsody”

Is this the real life?

Is this just fantasy?

Caught in a landslide,

No escape from reality.

これが現実なのか

単なる幻想か

転げ落ちて

現実から逃げられない
ママ、人を殺してしまった

頭に銃をつきつけ

引き金をひいた

ママ、人生は始まったばかりなのに

自分で無駄にしてしまった

(拙訳)

 

罪を犯したら償わなければならない、というのが現実で、

世界を救ったからと無罪放免になるというのは幻想に過ぎない、

というメッセージは予想していないものでした。

そして、潔く刑務所に戻っていくメンバーの姿には贖罪という言葉が頭に浮かびました。

それこそが正義なのかもしれません。

一部例外を除いて・・・:)

 https://twitter.com/peppers_attic/status/776323439812448256

記事の続き→

余りにもジャレッドが役に入り込んでいたので、衣装合わせに行くときも防弾チョッキを着た方がいいのでは、と思うほどだったと衣装デザイナーのケイト ホーリーさん。

 

 

 

 

 2回目観に行って、サントラ聴いていたので気が付いた事が1つ。

サントラは露骨な表現(f***, sh**, bit**など)を含むexplicitバージョンと露骨な表現をカットしたファミリーフレンドリーなcleanバージョンがあります。cleanと入力ひなければAmazonなどでは通常盤が表示されるのだと思います。

子供達も乗る車で聴いたりするのでCleanバージョンが存在することが嬉しい驚きでした。まあ、罵り言葉だけ無くしてもどうなんだ、という疑問も残りますがw、罵り言葉は覚えやすく、聞き慣れると大人でも気軽に使ってしまうのでできる限り避けたいものではあります。

2回目観て驚いたのはエンドクレジットで流れるSucker for Painはcleanバージョンだという事です! 他の使用曲は流れる時間が短かったり、元々cleanなものしかない(Heathens)だったりで違いを見つける事はできませんでしたが、レーティングの関係もあり、きっと使用されてるのはcleanにとどめてるのでしょうね。

広告

ターセム・シン監督が目指すもの


先週金曜に公開となりました「セルフレス 覚醒した記憶」を観てきました。

ターセム監督といえば故石岡瑛子さんを衣装担当に迎えきらびやかで目をひく作品作りで知られていますが、今回の「セルフレス」、トレーラーを見る限り数十年後の未来を描くSFスリラーでターセム監督らしくない作品のようにも見えました。

石岡さんがお亡くなりになられた影響もある、という記事も見ましたが、実際「セルフレス」を観ると、石岡さんの豪華絢爛な衣装はないけれど、単なる一般的なのスリラーではないことがわかりましたし、ターセム監督作品に流れる空気と美しさも健在でした。

物語もサー・ベン・キングズレーの演技も素晴らしかったです。

特に帰宅後の鍵の投げ方。ライアン・レイノルズの役柄にも引き継がれるのですが(トレーラーをご覧になられていればネタバレにはならないのでご心配なく。)、2人の鍵の投げ方は完ぺきなアートです。

物語は違えど、「The fall 落下の王国」を思わせるような場面や映像も多々ありました。

トレーラーには出てきませんが、ニューオリンズのシーンは特にそう感じました。

観終わってから「セルフレス」に関するターセム監督のインタビューをあさり、なるほど、と思えるもがありましたので日本語に訳しました。

ターセム監督の作品がお好きなら、「セルフレス」がターセムらしくない作風に見えるからと観に行かないのは本当にもったいないです。以下のインタビューを読んでぜひ、観に行っていただけたらと思います。

 

 

 

 

本作は長編映画の5作目にあたる作品ですよね。

ザ・セル、The Fall 落下の王国、インモータルズ、白雪姫と鏡の女王、そして本作。

 

 

ターセム・シン:そうだね。

 

 

この5作にターセム・シン作品として共通する特徴などはありますか?

 

 

僕の目を通したものという事と、”映画的”という事以外は特にないとは思う。

僕は元々、1、2作くらい映像作品を撮りたかっただけだったんだ。

でも気が付くと3作目、そして4作目も控えていた。

振り向くと僕のもとに(依頼に)届くのはファンタジー大作ばかりになっていた。

僕が目指すのはポランスキーのようにスリラーでもコメディでも、舞台でも彼のDNAが感じられるそんな作品だ。

でも僕のDNAは特定のジャンルにしか向かっていない状態だったから、それを打ち破りたい、と僕は事務所に言ったんだ。

今やらなかったら5年後、もしまだこの仕事を続けていたら、僕の元にくるのはティム・バートンが断った作品だけになってしまうと。

 

 

そんなこと絶対ないですよ

 

 

絶対にそうさ。

 

 

 

では意図的に本作を選ばれた、というわけですね。

 

 

そう。継続してきた作品、予算の大きい作品などは監督したけれど、“The Fall 落下の王国”の直後から違うジャンルの作品を撮りたいと僕は言ってきた。

映像に重きを置きすぎない、しっかりとしたスリラーを撮りたかった。

 

 

しっかりとしたスリラーとおっしゃいましたが、例えばテクノロジーや企業がほかの企業から技術を奪おうとするような別のアングルからのアプローチも可能だったと思います。しかしこの作品には家族の大きな心の物語が根底にありますね。家族という要素は重要でしたか?

 

 

実はそこが一番興味をひいた部分なんだ。

科学的な方向にもっていくこともできたけれど、

心の旅だったり、個人の物語が現代の臓器移植をする人々の中にもあると思うんだ。

もし、科学的な方向にアプローチをするとしたらもっとファンタジーの要素が強くなってしまうからそれも避けたかった。

___

 

 

 

 

ほかのインタビューではこうもおっしゃっていました。

 

当面は幻想的な作品に戻る前にそうでない作品を撮りたいと思ってる。

「ファンタジーの脚本だからあいつにやらせればいい」と思われたくないんだ。

 

僕の作品らしくない、という人もいるけど、そういう人には僕はこう言う。

「僕の監督した広告を見てないんじゃないかな。そこら中にあるよ」と。

幻想的な作品はなしで、少し普通の作品を撮りたいと思っている。

 —

訳注:

*本作のストーリーの展開など、先が読める展開だ、というような内容の感想もいくつかツイッターでは見かけましたが、それを含めて”映画的”とターセム監督はおっしゃっているのでは、と感じました。この物語がフォーカスしてるのはリアリティを深めるたりする点ではないのですよね。

 ところで、タイトルの selfless セルフレスは無私の、無欲の、という意味ですが、

SELF/LESS のように間が分けられてると別の解釈もでき、自分が/無い という風にも理解してできます。

その他のインタビューからのメモ切れ端。

*経営学の修士号のためにハーバードに行くことになっていたターセム・シン監督。ターセム監督は渡米前にアメリカ映画学校ガイドという本に出会い、親の反対を押し切り、1984年、世界中の熱い気持ちを胸に大きなバッグ一つ持ってアメリカにやってきたそうです。

 

*入れ替え装置はモンティパイソンの出来上がったらチーン!となるような物でなければMRIみたいのでOK、と担当者に伝えたそう。(笑)

*本作が決まる前にこの後、2作続けて映像中心の作品を撮ることが決まっていたのでどうしてもスリラーを撮りたかったとも。

*ベン・キングズレー演じるダミアンの住むマンハッタンのアパートメントはエンド・クレジットで名前が挙がっていたドナルド・トランプ氏のものだそうです。Source

ちょっとデザインが古っぽく、スタイリッシュとも言えないけれどとても豪華な内装だったので、納得。元々は他の億万長者のアパートメントを借りる予定だったけれど、許可が下りなかったのだとか。

映画をご覧になられた方なら以下のリンクのインテリア、見覚えがあると思います。

Inside Donald and Melania Trump’s Manhattan Apartment Mansion

 

 

 https://twitter.com/peppers_attic/status/774032887427411968
それにしても、あのお金で最後のあの時間を買ったのだ考えると、 その価値があったと感じますね😭