ザ フォール 落下の王国 リー ペイス、ターセム シン監督インタビュー訳 The Fall

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7506.jpg

リー ペイス特集2 🙂
リーペイスのインタビューだけでなく、このとても素晴らしい作品を作り上げたターセム監督のインタビューも気に入ったところをメインにご紹介します。

ターセム監督のインタビュー

((ブルー シティはどこにあるのですか?))

ターセム監督: インドのジョードプールという町。撮影に入る2ヶ月前にジョードプールに行き、誰にでも壁を塗る好きな色のペンキをあげる、と言ったんだ。実はジョードプールは町の決まりでブルー以外では家を塗装してはいけない町のなので、みんなブルーをもらっていった。なので、色あせて薄いブルーだった家々は作品の中では普段よりもずっと青が濃くなっているんだ。

((撮影中にロイ役のリー ペイスが実は脚が不自由ではない、という事を知らされなかったクルー達は撮影後に知らされた時、怒っていたと聞きました。))

僕はリーは脚が実際に不自由で、彼がロイを演じ、山賊役はルーマニア人の別の役者が演じる、とクルーに伝えていた。
15〜17年一緒に仕事をしてきたクルー達は”自分達を信じてくれなかったのか”、と憤慨したが、信じていない、とかそういうものではなくて、
実際にアレクサンドリアを演じるカティンカにロイは脚が不自由だと信じさせたかったからなんだ。
クルー達は撮影が始まり2,3週間も慣れ親しんでくるとつい ふざけあってベッドにジャンプしたり、ハンディキャップがネタのジョークを言ってしまったりすることがあり得るだろう。でも、実際に脚が不自由だと信じていたら、そういう事はないからね。

リー ペイスのインタビュー

((脚が不自由だとカティンカとクルー達に信じ込ませたそうですが))

リー ペイス:これはターセムのアイデアでね。撮影初日に僕は車椅子では入り、自分をロイだと紹介するように言われたんだ。
おかげでセットにはいたわりをもった空気が流れていたよ。

カティンカは撮影中、僕の事をよく気にかけてくれて、お昼の時にデザートを立ち上がって取りに行けない僕のために持ってきてくれたりしたよ。
僕達の間に信頼を築きあげてくれた。
でも、実は歩けた、と知らされた時、クルー達はあまりいい気分ではなかったようだね。
カティンカは僕が歩けると最後にわかった時、彼女の愛が僕の脚を癒した、と思ったんだ。本当に彼女はそう信じていたよ。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7502.jpg

((彼女の演技が変わった時があったそうですが。))

カティンカがカメラを意識しないようにカーテンの後ろから撮影していたんだ。
僕とカティンカだけのプライベートな空間になったから、彼女はターセムの悪口を言ったりして、それを聞いてるクルー達の笑い声が隣の部屋から聞こえたりして、彼女は”みんな何にわかってるのかな”、と言うくらい撮影されている事を忘れていた。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7503.png

足の指を触るやりとりの時は彼女は怒られるんじゃないか、と不安になったりしてたね。

ある時、彼女が自分が撮影されていて、可愛いんだ、と意識した時に、彼女の演技がお姫様のようなひどいものになってしまった事があったんだ。
僕は彼女に、”君の愛する人が死んでしまいそうなんだよ。君は本気でなんとかしようとしなければ。彼の命を救おうとしなければいけないんだよ”、と伝えたんだ。ラストの”I don’t want you to die.” (死んじゃいや!)というシーンでは彼女は本当に良い演技ができていたと思うよ。素晴らしい女の子だ。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7489.jpg

ところで、日本語のウィキなどのあらすじには”ロイは半身不随となり…”、とありましたが、英語版ウィキでは”半身不随の可能性があり”…中略…”ラストのアレキサンドリアの語りでロイが回復し、スタントに戻り活躍している、とわかる” とありました。

他にも落下の王国に関するインタビューで良かったものがあったので、また近いうちに追加しておきます。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7501.gif

広告

リー ペイスの素敵なインタビューいくつか。Some of Lee Pace interviews I like.

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7483.jpg

ガーディアンズ オブ ギャラクシーの様々なインタビューを見ていた時にロナン役のリー ペイス氏のさりげなくとも深い答えに感銘を受けたのはしばらく前のこと。

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/d0d/44073574/files/2014/12/img_7484.jpg

それからというもの、たまに見かける画像や動画の”ホビット決戦のゆくえ”のリー ペイス演じるスランドゥイルはとても美しく見えてました。

今まではシリーズ全部観てからでないと内容についていけないだろうな、と思い観ていなかったホビット シリーズなのですが、監督の言葉の後押しもあり、ほとんどホビットの物語について何も知らない状態で、話についていけなくてもいいや、スランドゥイル様を観て来れれば、という気持ちで映画館へ観に行ってきました。
それでも内容は想像していたものよりもぜんぜんわかりやすく、楽しめました。
🙂
鑑賞後はすっかりスランドゥイル様の魅力に魅了されてきました。映画館の帰り道に”ホビット 竜に奪われた王国” を借りてきました。

今日は先日全部貸し出し中だった”ホビット 思いがけない冒険”を借りてきました。
迷路をゴールから進むように楽しんでます。

いくつかリー ペイス氏の動画で気に入ってる部分だけですが、訳してご紹介。
((カッコ))内はインタビュアーの言葉

現代社会にも実在するロナンの正義

まずは、”この役者さん、素敵な考え方を持ってるな”、と思った動画から。
このインタビューがきっかけでリー ペイス氏に興味を持ちました。

“Ronan is at odds with the protagonist of the story, but he’s really just an advocate for the Kree and the Kree’s laws. He’s fighting for the justice of his people, and I find that interesting. I find that you can find those parallels in our world today.…” -Lee Pace on Ronan the Accuser, Guardians of the Galaxy World Premiere

((ロナンの役作りと思い入れについて))

リー ペイス: 彼は60年代に登場して以来変化も見られた。それがとても興味深いと思うよね。彼は複雑なキャラクターだ。
そして、彼は決して悪人というわけではないんだ。もちろん、物語の主人公たちとは敵対する存在だけれども、彼はクリーの人々とクリーの法の擁護者なだけなんだ。彼は自国のために戦っているだけなんだ。そういうのは現代の世界でも実在するわけで。僕は青く塗られた役だからこういう話でシリアスになるつもりはないけれど、ブルーだし、凄い宇宙兵器を使うし…でも、こういう事を頭に置いておくと良いよね。

スランドゥイル様の眉毛の名前


“What are the names of Thranduil’s two eyebrows?”

((重要な事を教えてください。スランドゥイルの眉毛の名前は?))

リー ペイス: 眉毛の名前⁇
君たちに任せるよ…
眉毛の名前?
君たちは自分の眉毛に名前をつけるの?(笑いながら)

((いいえ、でもスランドゥイルは眉毛で有名だし、彼は結構自惚れやですよね。))

あれは僕の自前の眉毛だよぉ…(眉毛を触りながら)

本人に眉毛の名前は?と聞く勇気に笑えましたが、あれば僕の自前の眉毛だよ…と眉を触りながら答えるリー ペイス氏がとてもチャーミング。
🙂

((その素晴らしい眉毛を整える方法は?)) 0:21〜
リーペイス:この辺を下げて、サイドの部分を少し上げる。どう?効いてると思う?

実際にやって見せてるのと、どう?と聞くリー ペイス氏。

今、”ザ フォール 落下の王国”を観てる所です。まだ途中ですが、 観終わりました!とってもかっこいい作品でした!すごく好きです。
“ザ フォール” とはそういう意味でだったのか、と納得。”落下の王国”というサブタイトルを付けたのは良かったですね。
ターセム シン監督作品で、石岡瑛子さんの衣装も素晴らしいです。

おっと、うっかり忘れる所でした。
スターロードが”お前と俺とダンスバトルだ!”
と言った後、”受けてたとう!”と踊り始めるロナンもとてもチャーミングでしたね〜!

GotG ロケットが必要だと言う義眼の裏話

IMG_7402.JPG

“I’m gonna need that guy’s eye!”

ジェームズ ガン監督のガーディアンズ オブ ギャラクシーの中でロケットが”あの男の目が必要だ”、と言う義眼の裏話、面白い。
短くしたけれどツイッターの140字にどうしても収まらないのでこちらで。

“何度も小綺麗な義眼のサンプルが届くので、
『違う!最低の義眼が欲しいんだ。どこかの小惑星のボロ小屋の地下で営業するヤブ医者に特価で付けてもらったようなあり得ない義眼を作ってくれ。』
そしてこの史上最悪の義眼が出来上がった。この男には2Dの粗画質のアニメのように見えているはず。 ”

IMG_7400-0.PNG

Source:

義眼一つにしても設定が深い。
それに、そんなヤブ医者に頼まなければならなかったこのラヴェジャーズ隊員、哀愁をさそうではないか。スピンオフが出来そう。

This poor Ravager guy.
Made me wonder what had happened to him and why the hell he had to go to ask a such doctor for a surgery. Deep story like this can be made into a short spin off film.
Love you, Mr. James Gunn. ☺︎

IMG_7401-0.PNG