タイカ・ワイティティ ゲスト回ルッソ兄弟の映画学校

ルッソ兄弟のフィルムスクール。

タイカ・ワイティティ氏がゲストの回を観ました。すごく興味深く面白い!

ルッソ兄弟は本当に本気でオンラインの映画学校をやってくれてるんだ、と思いました。

ルッソさんやワイティティさんのお話で特に興味深かった部分をメモしてたら長くなったので、ブログにあげることにしました。

2人は主題の映画『フラッシュ・ゴードン』について話しながら、作品のいろいろな部分を切り取りながら、構造や、2人の映画作りについても説明していきます。

ジョー・ルッソ: 『フラッシュ・ゴードン』ほど観た映画はないと思う。ビデオで発売された時、僕は宿題をしたりする時にBGMとして流したりもしてたよ。

ルッソ: 時間が限られてる中で、ここ7年くらいマーベルの映画作る際、アンソニーと僕は入念に構成を立てる事を重要視している。

まずはテーマ、数日間はテーマについて話し合う。ボードに大きく書いて、自分たちがこの映画で何を伝えたいかを明確にするんだ。

ワイティティ: 僕は映画の構成を立てるのが少し苦手だから、こうしてピザ・フィルム・スクールに参加できてよかったよ。笑

ルッソ: 君の構成は本能的だよ。ちゃんと構成はあるよ。君のどの映画にも構成がある。全部観たから僕はわかるよ。

タイカ: 映画を作る時、たいがい僕は物語の終わり方、そして始まりから考え始める。

自分が観たいもの、観たいシーン、こういうキャラクター達がこういう関わり方をするのって観たことないから観たいな、とか…そういうアイデアだけ。その先のストーリーは何も考えてなかったりもするけど、カッコいい場面を頭の中で作りあげたり、それらを別々にメモに書き出して、いろいろ動かし、流れをつけて繋げてみるんだ。最後は気持ちが良いエンディングになるようにもする。

何々についての映画を作りたい、と作り始めることはあまりなく、何かちょっとしたきっかけから始まるんだ。音楽とか、こういう衣装をつけたキャラクター、とか。

そこから発展することもあるし、そのままになることもある。

でも、5年後とかに、あ、あの5年前に考えたキャラクター、ここで使えるな、とその時に作っている映画に加えたら、完璧にフィットしたりするんだ。無駄なアイデアってないよね。

『ソー:ラグナロク』に関しては、10才の子達が観たいと思うであろうものを全て投入したんだ。カラフルで力強くエネルギーに満ちた作風、鹿の角をかぶった女性、巨大オオカミ、ゾンビの軍隊、インクレディブル・ハルク、ソー、女戦士、そして突然のジェフ・ゴールドブラム!

「こういう15の要素を投入した映画を作りたい」、と言ったら絶対却下されるよね。でも、マイティ・ソーでは完璧に調和がとれたんだ。

ジェームズ・コーデンの #HomeFest。「少し悲しくなったり、不安になったりしてもいいんだ」

今日は観てくれてありがとう。

僕にとってもみんなにとってもいい息抜きになった事を願います。

ここ数週間、とても恐怖を感じてきました。正直、自分自身思っていた以上にとてもキツい日々でした。

たびたびどうしようもない不安に襲われたり、イギリスにいる家族や愛する人々のことを想うと悲しみが胸にこみ上げてきたり。

自分でも理解できない、どうすることもできないという思いと悲しみの中で押しつぶされそうになりました。

でも1つわかったことがあります。

こうして少し悲しくなったり、不安になったりしてもいいんだ、それでいいんだ、ということです。

今できる1番良いことは、落ち着いて、気持ちを前向きなことへ向けるということ。

自分と同じような気持ちで苦しんでいる人のために何かできることを考えることです。

僕もこうして今夜、みんなに話しかける事ができて、心が少し軽くなりました。

友達や家族とFaceTimeを使って話したり、自分と同じように苦しんでいるかもしれないと思う誰かに連絡したりすることが今できる最善のことだと思います。

僕たちは絶対に乗り切れるから。

この番組もそのために放送してます。大好きなみんなと想いを分かち合い、大好きな音楽を分かち合う。

遠く離れていればいるほど、僕たちは1つです。

今夜、この番組をどう締めくくろうか考えていたとき、何度もミュージカル “Dear Evan Hansen” の”You will be found”というこの曲か頭をよぎりました。この曲は僕が自分自身で感じていることそして、今、みんなに伝えたいことがまとめられていると感じます。

ベン・プラットと “Dear Evan Hansen” のキャストによる “You will be found”です。

またすぐにお会いしましょう。

私はNetflixのドラマ『ザ・ポリティシャン』から歌も演技も上手いベン・プラットのファンになりました。彼が主演をつとめたブロードウェイ ミュージカル “Dear Evan Hansen”のサントラに惚れ込み、脚本や小説も読みました。

“Dear Evan Hansen”は物語としても心に響き、素晴らしい作品です。楽曲もどの曲も涙せずにはいられないです。 下に“You Will Be Found”の今回の動画で歌われた部分をざっと訳しました。 ( )の部分は動画では省かれていますが、内容が掴みやすいと思いましたので残しました。

You Will Be Found

Have you ever felt like nobody was there?

ひとりぼっちだと感じたことはない?

Have you ever felt forgotten

in the middle of nowhere?

どこかに1人とり残されてしまったと感じたことはない?

Have you ever felt like

you could disappear?

このまま自分が消えてしまっても誰も気が付かないと感じたことはない?

Like you could fall

and no one would hear

自分が倒れても誰も気が付かないかも、って

(Well, let that lonely feeling wash away

そんな孤独な気持ちに流されてはいけないよ

Maybe there’s a reason to

believe you’ll be okay

大丈夫、って思える理由がきっとあるから

Cause when you don’t feel

strong enough to stand

You can reach, reach out your hand

もう立ちあがれないと思っても、手を伸ばせばいいんだ)

And oh, someone will come running

And I know they’ll take you home

そしたら、誰かが駆け寄ってきてくれる

そしておうちに連れて帰ってくれるよ

Even when the dark

comes crashing through

When you need a friend to carry you

And when you’re broken on the ground

You will be found

暗闇に押しつぶされて、

友達の支えが必要な時、

君が地面に傷つき倒れていたとしても、

誰かが見つけてくれるから

So let the sun come streaming in

Cause you’ll reach up

and you’ll rise again

Lift your head and look around

You will be found

だから、太陽の光を浴びて

手を伸ばしてみて

もう1度立ち上がれるよ

頭をあげて、周りを見回してみて

誰かが気がついてくれるから

You are not alone

君はひとりぼっちじゃない

華麗なるギャツビーに惹かれる理由

指輪やティアラのようなヘアーバンドはもちろんだけど、ストッキングのデザイン画なんかもホントにステキ。

細部まで最高のブランドが関わってるなんて知らなかったけど、

そんな事もあって華麗なるギャツビーの世界に魅了されてしまうのかな。