アラン・カミング特集2☆ Alan Cumming singing “WHY”

IMG_6518.JPG

チョコレート・ドーナツを観てからアラン・カミングの歌をたくさん聞いてみたいと思われた方も多いのではないでしょうか。
もちろん、私もその一人です。
アラン・カミング特集1ではスタバの店員さんに恋するTaylor the Latte Boy の歌詞の日本語訳を掲載しましたが、今回はもう少ししっとりとした切ないナンバーをご紹介します。
オリジナルはアニー・レノックスというアランと同じスコットランド出身のミュージシャンがソロ活動第一弾として発表したアルバムのオープニングトラック。
いくつものライブパフォーマンスもYouTubeにはアップロードされていて
特にこれなどはしみじみ聞くと泣けてきます。(基本的に私は涙もろい)
切ないけれどとてもパワフルな歌詞でアランの歌っている動画で初めて知ったのですが、この曲自体もとても気に入っています。

アニー・レノックスはのちにこの曲についてこう語っています。
“人生は時にとても不可解で、延々とどうすべきなのか悩み続けている自分がいることに ふと気が付くことがあります。
また、物事から受けた影響を見つめる事でもあります。
辛く失望に終わった闘いを終えた時、燃えて残った灰を見てを熟考し、自分自身に あれはいったいなんだったのか、と問うのです。まるで倒壊し燃え落ちた建物の残骸のようにです。“

「燃えて残った灰」!そんな重い思いが描かれている曲なのですね。
アランが曲の最後にニッコリとほほ笑むのがとても印象的です。

When you
This beautiful song was originally sang by Annie Lennox.
I saw several performances of this song by her and all of them are really powerful and touching.
This one especially makes me cry. :*

Annie blogged regarding this song, when promoting her 2009 greatest hits album: The world can be so baffling at times, so you find yourself constantly trying to figure it out…. It’s also about looking at the aftermath of things. After all this darkness and disappointment with the personal battles you’ve gone through…Contemplating the ashes of experience, and questioning what it was ever all about. It’s like the remains of a building that’s crashed and burned to the ground.” Source

Alan’s performance is as touching as hers.
How Alan smiles at the end of the song makes me smile. 🙂

 

“Why”
How many times do I have to try to tell you
That I’m sorry for the things I’ve done
But when I start to try to tell you
That’s when you have to tell me
Hey… this kind of trouble’s only just begun

I tell myself too many times
Why don’t you ever learn to keep your big mouth shut
That’s why it hurts so bad to hear the words
That keep on falling from your mouth
Falling from your mouth
Falling from your mouth
Tell me…
Why
Why

何度となくあなたに私が悪かったわ、と言おうとするけど
あなたは決まって こんなのは序の口だって言う

私は自分自身に何度となく“いつになったら 何も言わない方がいい、って学ぶの?”と言い聞かせる
だから彼の口からこぼれ落ちる言葉にひどく傷つけられるのよ、と
あなたの口からこぼれ落ちる言葉
あなたの口からこぼれ落ちる言葉
ねえ、教えてよ
どうして
どうして

I may be mad
I may be blind
I may be viciously unkind
But I can still read what you’re thinking
And I’ve heard is said too many times
That you’d be better off
Besides…
Why can’t you see this boat is sinking
(this boat is sinking this boat is sinking)

私は狂ってるのかもしれない
私には見えてないのかもしれない
私は意地悪で優しくないのかもしれない
でもあなたが考えてる事はまだわかる

何度も聞いたわ“俺なんかと別れた方がお前にとっていいはずだ
それに
この船は沈みかけてるって見えないのか
(俺達の関係はもう終わりだ)“ って

Let’s go down to the water’s edge
And we can cast away those doubts
Some things are better left unsaid
But they still turn me inside out
Turning inside out turning inside out
Tell me…
Why
Tell me…
Why

それなら水際まで行ってこんな疑念は投げ捨ててきましょうよ
言わない方がいい事もあるけど
私もおかしくなりそうなの
教えてよ
どうして
教えてよ
どうして

This is the book I never read
These are the words I never said
This is the path I’ll never tread
These are the dreams I’ll dream instead
This is the joy that’s seldom spread
These are the tears…
The tears we shed
This is the fear
This is the dread
These are the contents of my head
And these are the years that we have spent
And this is what they represent
And this is how I feel
Do you know how I feel ?
‘cause i don’t think you know how I feel
I don’t think you know what I feel
I don’t think you know what I feel
You don’t know what I feel

This is the book I never read
These are the words I never said
This is the path I’ll never tread
These are the dreams I’ll dream instead
This is the joy that’s seldom spread
These are the tears…
The tears we shed
This is the fear
This is the dread
These are the contents of my head

これが私が読まなかった本
これは私が言わなかった言葉
これが私が進まなかった道
これが私が代わりに夢見た夢
これがめったになかったささやかな喜び
これが涙
私たちが流した涙
これが恐れ
これが恐怖
これが私の頭の中
そしてこれが私たちが過ごした年月
そしてこれがその結果
私の気持ちがわかる?
わからないでしょう?
あなたはわからないでしょう

これが私が読まなかった本
これは私が言わなかった言葉
これが私が進まなかった道
これが私が代わりに夢見た夢
これがめったになかったささやかな喜び
これが涙
私たちが流した涙
これが恐れ
これが恐怖
これが私の頭の中

日本語訳 Japanese translation by @_PepperBlue

広告

アラン・カミング特集1☆ Alan Cumming’s Taylor the Latte Boy

IMG_6519.JPG

チョコレート・ドーナツを観てしばらく経ちますが、未だに毎日チョコレートドーナツの事を思い出さない日が無い位です。
いつもサントラも聴いていて、アラン・カミングの歌を聞いては彼の深い演技を思い出してます。

It’s been a while since I saw Any Day Now in the theatre, but everyday I am still thinking aboout how beautiful that movie was.
I listen to its soundtrack everyday, too.
Listening to Alan singing Rudy’s songs, I remember the scenes of Any Day Now and think how great actor he is.

I like Alan Cumming’s cover version of Taylor the Latte Boy because it’s sweet and has a happy ending!
Well, this happy ending is understandable.
Just imagine Alan Coming up to the counter and smile at you,
no matter who you are, a male or female, who can resist his smile and attraction. 🙂

スターバックスで働く男の子に恋をした女性の歌、”Taylor the latte boy” という曲があります。
元々は純粋な気持ちを歌ったオリジナルだったようですが、
クリスティン・チェノウェスの一方的に恋心を抱き、全てを勘違いしている女子的なカバーが有名なみたいです。
彼女のカバーにはスタバの店員、テイラーくんがストーカー的な彼女を迷惑がる気持ちを歌ったアンサー ソングのようなものもネットも多くアップロードされてます。
正直、アンサーソングのテイラー君は歌詞を聞いてると恋する女の子に意地悪で酷くて、悲しい気持ちになるくらいなのです(笑)。
こんなテイラー君に恋する女性も恋は盲目だからしかたないのでしょうが・・・彼はろくな男じゃないわ。

さて、そんな中、我らがアラン・カミング王子のカバーは楽しく優しいんです。
そして、ハッピーエンド!
一人称はアラン自身でテイラー君に恋をしてるという設定なのでもちろん、バッドエンドにはしたくなかったのかもしれませんw
それに、アランがお客さんでお店に来て自分に向かってほほ笑んでたらテイラー君だってきっと彼の魅力にうっとりしてしまうでしょう。

“Taylor The Latte Boy”
There’s a boy who works at Starbucks
Who is very inspirational.
He is very inspirational because of many things.

I come in at 8:11, and he smiles and says, “How are you?”
When he smiles and says, “How are you?”
I could swear my heart grows wings!
スターバックスで働く男の子がいて
心をときめかせてくれるの
とにかく素敵でね

いつも私は8:11に店に入り、彼は笑顔で “調子はどう?” と聞く
彼が笑顔で調子はどう?と聞く時
僕の心は舞い上がる

So today at 8:11
I decided I should meet him
I decided I should meet him
In a proper formal way.

だから今日の8:11は
彼に自己紹介してみようと思ったの
彼に自己紹介してみようと思ったの
きちんとしたやり方で

So today at 8:11 when he smiled and said “How are you?”
I said “Fine, and my name’s Alan”
And he softly answered, “Heyy.”
And I said “My name is Alan, and thank you for the extra foam…”

それで今日の8時11分、彼が笑顔で“調子はどう?”と聞いた時、
“いいよ。それから僕の名前はアラン。” と言ったんだ。
すると彼はやさしく “よろしく” って
“僕の名前はアラン、それからミルクの泡を多めにしてくれてありがとう” と言ったんだ。

And he said his name was Taylor,
Which provides the inspiration for this poem:
彼は“僕はテイラー”、と言った
それがこの詩の元となったんだ

Taylor the latte boy,
Bring me java, bring me joy!
Oh Taylor the latte boy,
I love him, I love him, I love him…

テイラー、ラテ・ボーイ
僕にコーヒーを届けて、喜びを届けて
ああ、テイラー、ラテ・ボーイ
彼が好き、彼が好き、彼が好きなんだ

So I’d like to get my nerve up
To recite my poem musical.
He would like the fact it’s musical
Because he plays guitar.
And today at 8:11, Taylor told me he was playing
In a band down in the village in the basement of a bar.

勇気を振り絞って
この詩をミュージカル調に歌えたらと思う
きっと彼はミュージカルであることを気に入ってくれると思う
だって彼はギターを弾くし
今日の8時11分、テイラーは
街の先のバーの地下でバンドとギターを弾いてる、って教えてくれたんだ

And he smoothly flipped the lever to prepare my double latte,
But for me he made it triple! And he didn’t think I knew
But I saw him flip the lever, and for me he made it triple,
And I knew that triple latte meant that Taylor loved me too!
I said, “What time are you playing? And thank you for the extra skim…”
He said, “Keep the $3.55,” because this triple latte was on him.

そして彼はスッとレバーを動かして僕のダブルラテを作ってくれた。
でも、それはトリプルだった。僕が気付いた事を彼は知らなかったけど
でも 僕は見たんだ、彼がレバーを操作するところ。僕にはトリプルにしてくれたとこ。
それでわかったんだ、トリプルラテの意味はテイラーも僕を好きだということだって
僕は “何時に演奏するの?それから、多めにしてくれてありがとう”、って言った。
彼は“$3.55はとっておいて。これのトリプルラテは僕のおごり”、って言ったんだ。

Taylor the latte boy,
Bring me java, bring me joy!
Oh Taylor the latte boy,
I love him, I love him, I love him…
テイラー、ラテ・ボーイ
コーヒーを運び、幸せを運んで!
ああ、テイラー、ラテ・ボーイ
彼が好き、彼が好き、彼が好きなの・・・

I used to be the kind of boy who’d run when love rushed over.
So, finally a voice whispered “Love can be yours, if you step up to the counter, and order.”
僕はいつも恋が近づいてくるたび 臆病になっていたけれど
“カウンターまで行って注文すれば愛は君のものだよ”、という囁きが聞こえたんだ

Taylor, the latte boy
Bring me java, bring me joy
Oh Taylor the latte boy
I love him, I love him, I love him.
テイラー、ラテ・ボーイ
コーヒーを届けて、幸せを届けて
ああ、テイラー、ラテ・ボーイ
彼が好き、彼が好き、彼が大好き

So many years my heart has waited,
Who’d have thought that love could be so caffeinated?
Taylor, the latte boy,
I love him, I love him, I love him.
I love him, I love him, I love him.

僕のハートはずっと待っていた
愛にこれほどもカフェインが含まれてたなんて

テイラー、ラテ・ボーイ
彼が好き、彼が好き、彼が好きなの
彼が好き、彼が好き、彼が好きなの

日本語訳 Japanese Translation: @PepperBlue